• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 9 ページ

平成の最後に

僕は、1973年7月4日に生まれた。
幼稚園の時は、いつもにこにこしていたらしく、そのまま「ニコニコ」というあだ名だった。
1978年に幼稚園に入園、1980年に小学校、1986年に中学校、1989年に高校に入学し、その年に中退した。
つまり1980年代は僕にとって学生の時代だった。

しかし、僕は、その後の人生で自分や自分の身の回りに起こる運命的な出来事に翻弄されざるを得なかった。
僕は根は明るい性格だと自負しているが、心に闇を抱えているとすれば殆んどは過去の出来事に由来している。

僕は道南のある町で生まれ育った。
家庭は貧乏で両親は共働きだった。
父親は大工で、母親は障害者施設で働いていた。
父親の収入は低かったので、母親の方が稼いでいた。
僕はあまり人を憎めない性格だが、親父だけは心底憎んでいた。
僕の父親は、一つ下の弟や姉と僕を差別して扱った。
僕に味方してくれたのは母だけだった。

それでも、1989年10月に高校を中退するまでは、姉弟とも仲が良かったし、比較的平和で幸せに暮らしていた。
つまり僕の激動の時代は、平成という時代と共に始まっている。

僕は1986年のバレンタインの日にある同学年の女から告白された。
まだ中学に入る前だった。
僕は彼女と中学1年の時同じクラスになったせいもあって、それと同時に付き合った。
が、2年の時に別れた。
彼女はいわゆる恋に恋するタイプの女の子だったので、肉体関係はないまま終わった。
今と当時では中学生の恋愛事情は大きく違っていたせいもあって、結局、中学の時、同学年で異性と付き合ったのは僕と彼女だけだった。

更新日:2018-12-30 17:27:07