官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 312 / 370 ページ

魔女の還る日

一夜が明けた

アースディア邸

エリザは客室のベッドで、死んだ仲間の死を哀しんで泣いていた

エリザ「モー…リス…」

昨夜の礼拝堂(チャペル)で、黒衣魔法使い団(ブラックドレスウィザーズ)の者達がぞろぞろと現れ、モーリスの遺体を回収して行ったのだ

エリザは涙を零しながら、遠のくモーリスの遺体に手を伸ばし言った

エリザ「待って…! 私も…」

だが…

ダリウスがそれを遮って言う

ダリウス「エリザ…お疲れ様…ゆっくりお休み」

目の前に翳されたダリウスの片手

エリザは眠りの魔法で眠らされ、気が付けばアースディア邸の客室のベッドで眠っていたのだ

更新日:2023-10-07 22:06:37

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook