官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 50 / 196 ページ
和泉の脚を深く抱えてのしかかり、ドスドスと腰を打ち付ける佐野。
小さな頭部を胸に抱え込む。
下腹に感じる和泉の勃起が…狂ったように跳ね回るのを確かに感じる佐野。

射精に向かって…絶頂に向かって一直線に駆け上りながら…佐野は思う。
子を孕むことを目的としない男同士の行為…
何のために…俺は自分の子種を、この子の中に放つのか…

「…佐野さん…佐野さん…」

泣いているように震えている和泉の細い肩を抱きしめながら…
ただひたすらに、爆発寸前の熱い勃起を送り込み続ける佐野。

こんなセックス…初めてだ…
こんなに興奮したのは…これが初めてだ…

そして思う…

自分が興奮し…絶頂に達した証を…この子にくれてやる…
それで十分なんだ…それだけで…きっと…

和泉はその佐野の下…大きく開いた尻の谷間に抜き差しされる佐野の太い勃起を感じている…
大きな亀頭が直腸の中を前後する…

初めはキツかったのに…今はまったく痛みもない…
むしろ熱く蕩け…とろとろと結合部から蕩けだしそうなほどの快感に包まれている…

佐野さん…佐野さん…!
腰を佐野に押し付ける。
快感を訴えるように。
粘液まみれの勃起を、佐野の腹に押し付ける。
自分の痴態を見せつけるように…

……!!

佐野さん…!あああ…ッ…?

どしゅっ!ズン…ッ!!

そのとき…
今までになく…深く、強く入った気がした。

「…佐野さん…出ちゃう…!」

下から佐野にしがみつき…和泉は絶頂に達した。
佐野は、腹に押し付けられた和泉の勃起がビクビクと跳ねまわり、熱い粘液を何度も吐き出すのを感じた。

「…!?……和泉…くん…!くぅう…ッ!…すごい…締め付けだ…!!」

目も眩むような快感の中…佐野は最後に数度、深くピストンをした。
和泉の熱く蕩けた粘膜が…根元から亀頭まで、吸い尽くそうとするかのように密着していた。

…こんな…女なんて…比較にならない…

ほとんど和泉と同時に達しそうだったのに、最後にピストンを何とか繰り出したのは、年長者として、男としての佐野の意地だった。
相手より…先にイクわけにはいかない…
この子より…俺にこんな快感を教えてくれた、この子より…
ただ、その思いだけだった。

ふたりの腹の間に広がる、和泉が漏らした熱い粘液を感じたとき…佐野はその戒めを解いた。
体の髄を、熱いマグマが駆け抜けた気がした。

「おおおっ!和泉くん…!俺も…イクぞ…!おおお!」

太い喉仏から振り絞るように、歓喜の雄叫びを上げ…佐野は絶頂に達した。

ブシュッ!どぷっ!!どぷっ!!!
思いの丈を放つ佐野。
男らしく、太い腰を震わせながら…和泉の中に大量に放つ…

「…!…佐野さん…!…熱い…中で……佐野さんが…ピクピクしてる…」

和泉の声が遠く聞こえる…
吸い込まれるように…和泉の体内の奥深いところへ…佐野はすべてを解放して吐き出した。

今まで達したことのない境地…
自分が本当に求めていたこと…
何度も噴き上がる精液が、その証だった。
和泉の中へと注ぎ込まれる自分の想い…
深い満足が…今まで感じたことのない満足が、佐野を包んだ。

「和泉くん…!」

胸から引き剥がした和泉の顔を両手で挟むようにし、佐野は口づけた。
ただがむしゃらに…深く口づけた。

「…ん…!…佐野…さん…!」

舌を絡め取られながら…和泉も応じるように下から抱きついた。
両脚を佐野の腰に絡めるようにして…少しでも深く密着しようとした。
佐野のペニスは深く入っていた。
奥深くで射出された精液…
結合部から溢れ出すことはない。
佐野の太い肉茎で栓をされた和泉の体内で…佐野が吐き出した熱く大量の精液は、ゆっくりと一滴残らず和泉の粘膜に吸収されていった。

そのまま眠りに落ちるふたり。
熱い喘ぎと吐息が満ちていた部屋に、エアコンの音と、遠くの通りから聞こえる車の音が戻ってきた。
ふたりは抱き合い、体を繋げたまま…深く心地よい眠りについた。

更新日:2019-02-23 10:16:59

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook