官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 30 / 196 ページ
関が何度も夢に見た行為…
佐野を腕に抱きしめ、己の熱く滾る男根を、佐野の体内に深く埋め込むこと…
無論、腕の中の佐野は、最初は痛みに苦しむだろう…
しかし、その苦痛がいずれ快感に変わり…腕の中で佐野は初めての快感に、身をよじることになる…

その佐野を俺は…更に強く抱きしめ…もっと深く貫いてやりたい…
そして最後は、俺の子種を佐野の中に注ぎ込む…

そのとき同時に、佐野も絶頂に達し…トコロテンで精液を撒き散らしてくれたなら…
いや、貫いた以上、絶対にそこまで導いてやる…俺が…
それがタチとしての俺の義務だ…

「…うッ…雄三さん…もう出そうだ…いいか…?」

つい、熱が入ってしまった…
また口でイクだけで終わらせちゃあ、いつまで経っても先に進めないからな…
関は佐野の勃起から口を離すと、唾液まみれの肉茎の根元を握りしめる。

「………う…」
…イカせて…くれないのか…?雄三さん…

思わず首を上げ、関を見る佐野。
関はその佐野の赤い顔を見上げ、言う。

「…すまんが、イクのはもうちょっと待ってくれ…今までとは少し違う楽しみを、ヨッさんに教えてやろうと思ってな…」

そう言うと関は、鼻先を佐野の股ぐらの奥へ押し込むと、佐野の睾丸を口に含んだ。

「う…?…あ…ぅ…」

初めて感じる不思議な感覚に、戸惑う佐野。
睾丸が暖かな粘膜に包まれ、舌先で転がされるのは、力が抜けてしまうような妖しくも不思議な感覚だった。

関は丹念に、佐野の睾丸を包む薄い皮膚に舌を這わせながら、ゆっくりと、更に奥へと舌を進めてゆく。
関の手が佐野の太ももをそっと押し上げ、その大きな尻を浮き上がらせる。
夢中で喘いでいる佐野は、そのことにも気付かぬ様子で、会陰を這い回る関の舌の、むず痒いような妖しい快感に、ただ身を任せている…

関は交互に佐野の睾丸をひとつずつ口に含み、舌先で味わう。
小さく喘ぐ佐野が愛おしい。
トランクスの中で、ペニスが痛いほど勃っている。
口腔に満ちる唾液を飲み込む。佐野の匂いがする。鼻先に触れる陰部の匂いも堪らない…

関はそっと、舌先を更に奥へと進める…
関が本当に求める場所…
男同士が想いを確かめ合うために…どうしても必要な場所…

愛おしい佐野の温かい体内に、熱く滾る想いの証を埋め込み…
そこから迸り出る俺の長年の想いの激しさを…お前に知ってほしい…
受け止めてほしい…

その想いから…関は恐る恐る舌先を伸ばす…
拒まれるかも知れない…
ノンケの佐野にとっては…そこに触れられるのは、ましてや舐められることは、抵抗があるはずだ…
しかし、想いを遂げるためには、ここで止めるわけにはいかないことも、関には分かっている…

…関の舌が佐野の肛門の中心にそっと触れた。
ビクッと震える腰…
「…う…!…雄三さ…ん…!」

…!…そこは…まずい…
焦ったように目を見開く佐野。
股ぐらに顔を埋めている関の、ゴマ塩の短髪の頭部が見える。

…逃げないでくれ…!頼む…ヨッさん…
関の舌は、ねろねろと佐野の肛門の上を何度も往復する。
初めて感じるムズムズするような感覚に、思わず身をよじりながら悲鳴を上げる佐野。

「…うぅ…ッ!汚いって…!やめてくれ…雄三さん…!くッ…!」
じたばたと身をひねる佐野。
しかし、太い腕で腰を抱え上げられ、両肩が布団についた状態では、思いのほか自由は封じられていた。
日頃から力仕事で鍛えられている関の腕力には敵わない。
それに以前、学生時代は柔道で鳴らしたと言っていた関を思い出し、佐野は必死で暴れた。

「…待てって…さっき一緒に風呂に入ったろう。汚くなんかない…少し我慢してくれ、頼む…ヨッさん…」
関は佐野の腰を抱え込み、執拗に舌先で肛門の中心を突く。

「我慢って…ぅう…雄三さん、恥ずかしいよ…こんなの…」
「気持ちよくないか?今までと違う楽しみを教えるって言っただろう?どうしても嫌なら止めるから…しばらく我慢してくれ…」

舌が踊るたび、関の太い腕の中で跳ね回る佐野の太い腰。
感じている証拠だ…
それを佐野が快感と捉えているかは別として…佐野の肛門は、関が密かに望んできたとおり、敏感なようだった。
それが関を更に燃え上がらせた。

「……う…でも…」
「…何だ?ヨッさん…」

関は佐野の股ぐらで、ペニスが勃起したままなのを確認しながら舌を這わせ、訊ねる。

「…その…掘られたりするのは…勘弁だぞ…いくら何でも…」
「……そりゃそうだろうよな…ノンケだもんな、ヨッさんは…」
関は佐野の股ぐらから顔を上げて答える。

「…雄三さんは…その…いつも挿れたり…挿れられたりするのか…?」
赤い顔で訊ねる佐野。
関は思わず笑いそうになるのを堪える。

更新日:2019-01-07 16:52:56

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook