官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 28 / 196 ページ
「お…ッ…おお…!」
和泉の精液にまみれたペニスを手にしながら、佐野は太い声で呻いた。

和泉の小さな口から覗く、己の性器の太い根元…
和泉の唇が何度もカリ首から根元までを往復するのを、佐野は目を見開き、赤い顔を快感に歪ませながら見つめた。
関に施されたフェラチオ…それよりずっと、和泉の舌と唇の動きは稚拙なはずなのに、熱い快感が佐野の脊髄を突き抜けた。

「…くッ…和泉くん…マズい…俺も…出そうだ…くう…う!」

静かに低く喘ぐ佐野の声…
その太い響きが、和泉を更に熱くした。
懸命に舌を佐野の大きな亀頭に這わせ、唇でカリ首のくびれを絞った。唇に収まらない幹の部分は、指でしごいた。
目の前で太い幹がドクン!と脈を打って膨れ上がり、根元にふたつの睾丸がキュッと引き寄せられるのを、和泉は目の当たりにした。

佐野さん…!
…息を飲む和泉…

「ううッ…!駄目だ、もう!離せ!和泉くん…!」

佐野の両手が和泉の頭を掴み、引き剥がした。
ドクッ!どぷっ!
直後、赤黒い太い勃起が首を振りたて、乳白色の濃い精液を噴き上げた。

その粘液は和泉の顔を直撃した。
和泉はパクッと尿道口が開くたび、濃く生臭い佐野の精液が噴き上がり、溢れ出し、血管の浮き出た太い幹をドロドロと伝い落ちるのを見つめた。
大好きな佐野の…夢にまで見た射精の瞬間だった…

…佐野は激情が去り、男の性として急速に冷静さを取り戻しつつある自分を感じながら、枕元のティッシュを何枚も引き抜き、和泉に手渡し、自分も腹や股ぐらを拭った。
和泉も受け取ったティッシュで、汚れを拭い始める。

シーツにも少し染みてしまった。
「お前、宿直のときにかいただろう。匂うぞ」
そう言って、まだ若い駅員同士が茶化し合うのを、笑って見ていた自分を思い出す佐野。
若い頃、宿直室で自ら欲望を処理することは、佐野もあった。宿直室の枕元のティッシュは、男同士の暗黙の了解だ。

しかし、センズリどころじゃなく相手を…しかも同性の男を引っ張り込んで、シーツに染みを作ったのは俺くらいかもな…

自分が大それたことをしているようで…そして和泉を射精に導き、年長者として面目を保てた気がして、佐野は自分の胸に、少し余裕が生まれているのを感じていた。

和泉の手からティッシュを受け取り、自分のものと合わせて丸め、ゴミ箱に放る。

「……和泉くん…寝ようか」
腕枕に誘うように片腕を伸ばし、ベッドに仰向けになる佐野。
照れたように小さく頷き、和泉も横たわり頭を腕に預けてくる。
ふたりとも裸のままだ。タオルケットを和泉の身体にかけてやり、抱きしめるようにして、同じタオルケットに包まる佐野。

「…ありがとう、和泉くん…」
「………………」
和泉は佐野に抱きついたまま、何も言わない。

「…君を送ってきた…あの人は…和泉くんを気に入っていたみたいだけど…良かったのかな…俺で…」

やはり何も答えない和泉…
暫く黙っていた後…ぽつりと口を開く。

「僕は…佐野さんが好きなんです。今夜のこと…忘れません…ありがとうございました…」

佐野の首筋に顔を埋めて答える和泉…
和泉の言葉に、佐野の胸はじんわりと熱くなり、幸福感が全身を包む…

この時間がずっと続いてほしい…
緊急連絡などが入って邪魔が入らないことだけ、佐野はただ願う…

「…佐野さんが良ければまた…僕、こうしたいです…宿直室じゃなくても…また…ふたりで…」
「ん…うん…」

佐野は一瞬口ごもった。
和泉とふたりでプライベートで会う…
それはまさに、付き合っている恋人同士のようで…いざとなると、ノンケである佐野には躊躇われた。
それに、まだ若い和泉の進む道を、年長者である自分が踏み誤らせてしまっているのではないか…
そんな風にも思われた。

そして、もうひとり…佐野の脳裏に浮かぶ関の姿…あの夜の関の顔があった。
佐野は和泉への返答に迷った。

「…佐野さんが僕と…男と付き合うことに迷うのは分かります…」
勘の良い和泉は、佐野の心情の揺れを感じ取ったかのように言った。

「……ごめん、和泉くん…」
「いえ…だから…いきなり付き合うとかじゃなく…僕と会ったり…こうして…一緒にいるだけでもいいから…」
「………………」

強く抱きついてくる和泉。
佐野は黙って…ただその細い裸の身体を抱きしめた。
そして、これから自分がどうすべきか…思いを巡らせていた。

更新日:2018-12-30 20:41:44

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook