• 257 / 1084 ページ
忙しい毎日でもちゃんと
私との時間を考えてくれるようになって
それだけでも心の安定剤になる。



玲『会いたいときは飛んで行ってやる』



るあ「あいたい」



玲『今から行くわ』



るあ「え?うそ!!うそです!!」



玲『覚えてろ?』



Σ( ̄□ ̄|||)



こういうイタズラは次に会った時に
ちゃんと仕返しされます(T_T)







理人「コレ、玲が?」



るあ「うん♡」



理人「アイツらしいな(笑)でも、いくら校則緩いからってつけてるとかなり目立つよ?」



Σ( ̄□ ̄|||)



理人「俺も彼女にあげようかな~」



へ?



理人「なんてね(笑)」



意味深発言の理人先生。
涼子ちゃんとそうなってくれるといいな♡






一方、遥人先輩は変わらずの人気者で
日が経つにつれ取り巻きが
増える増える(笑)



遥人「もともとの俺はこうなの(笑)」



るあ「なんでモテるんだろうね?」



遥人「さぁな~。(こそっ)俺の優しさを知ってるのはルアだけだから♡」



Σ(´∀`;)



ふふ~ん( *´艸`)と笑って去っていく
遥人先輩。
なんなんだあの人は。



もうすぐ夏休み。。。
2年生の夏休みと言えど
気を抜けない私たち。



和也君は1年生の同伴で
新入生研修会。
凛ちゃん、涼子ちゃんはその間
学園内の夏期講習へ参加することに。



アヤちゃんはお兄さんについて
海外へ。
さすがセレブ♡



私も凛ちゃん達について
夏期講習をしつつ
週末には玲君のマンションにお泊り。



内緒だけど『調理』の先生が経営する
料理教室に少しの間通うことになった。



私も将来に向けて色々と吸収したい。



玲君が私とのことを考えて
くれていると聞いてから
私自身の励みになり意欲が出ていた。



ねぇ、玲君。



私は自分をしっかり持って
玲君について行く。



もしも、道が分かれたとしても
いつかまた交差するまで
我慢することもできるように。



少しのことで諦めようなんて
もう絶対に想わないよ。



玲君に頼りっぱなしだった私が
玲君にも頼ってもらえるように。



傍にいて、恥ずかしくない女性に。



いつか結婚するその日を夢見て。



大好きだよ。








~Rua 第二章~

☆END☆







♡HANA♡

お疲れさまでした。
年明けからあまり更新していなかったので
ルア編は一気更新(笑)

この調子でハナ学はいけたらいいな~と
理想は大きくもっております。

続きもよろしくで~す♡


更新日:2019-01-17 08:40:22

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook