• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 5 ページ

~ プロローグ ~

 部屋の空気があまく煮詰まったようにドロリと漂っている。
 キングサイズのベッドの上、シーツの海を華奢な脚が泳いでいた。
 衣擦れの音、不規則に吐き出される吐息。
 絡み合う二つの影が薄暗い寝室の中に浮かび上がっている。

「すごく甘い香りがする。ここ、赤くなって開いてるな。薔薇の花弁みたいなこれ、好きだ」
「やっ……あっ、そんなに舐めないで……。は、恥ずかし……」
「なにが恥ずかしいんだ? そんなこと言いながら、わざと濡らして誘ってるんだろ?」

 全裸の小牧愛花は大きく開いた脚の間に、恋人の高瀬尚樹の頭を抱え込んでいた。彼の舌先が秘所を舐め、濡れた指で陰唇を淫らに開き、蜜口をくすぐっているのだ。

 舌で味わうようにして全身を愛撫され、サディスティックな瞳で視姦され、今は一番感じる場所を愛されていた。

「わ、わざとなんて……そんなっ」

 シーツを握る両手が、羞恥でぎゅっと力が入る。高瀬が秘芽を包んでいる皮をグリッと指先で剥き、まるでビー玉でも転がすようにそれを弄ってくるから、ビリビリ痺れるような快楽と共に腰が何度も跳ね上がった。

 汗でしっとりと濡れた内腿へ、高瀬が唇を寄せる。きつく吸い上げられて、赤い痕を付けられたのを感じた。彼に触れられるとどこも敏感に反応し、そこから愛が染み込んでくるような気がして、愛花は満たされていく。

「あっ……んっ、あん、んっ!」
「かわいい声だな。もっと聞かせてくれ」

 高瀬が体を起こし、猛った自分の性器で愛花の陰部を撫でる。卑猥で淫らな音が部屋に響き、今からあの大きな熱塊で突き上げられるのかと思うと、もどかしい疼きが愛花の体を火照らせていく。幾度となく絶頂へ達した記憶が思い出され、その期待感で体がザワザワ騒ぎ出す。

「欲しいよな? 俺のこれが。……ここに、欲しいだろ?」

 愛花を見下ろす高瀬が、淫靡に開いた秘所へ焦らすようにして雄の裏側を擦り付けてくる。秘芽を彼の先端でつつき回されると、甘い快楽に体が震えた。
 散々弄られ、愛された花唇は熟れた果実のように息づき、ヒクつきながら今か今かと高瀬の切っ先を待ち望んでいる。

 昂奮で愛花の吐息に熱がこもり、吐き出す度に目の前が白く霞むような気さえした。

「あ、あぁ……尚樹さん、欲しい、それ……ああぁっ……も、いれ、挿れて……」
「挿れて? そうじゃないだろ? 本当に欲しいときはなんて言うんだった?」

 綺麗な彼の顔は煽動的でいやらしい色に染まる。口元はニヤリと微笑み、サディスティックな視線で愛花を見つめていた。

「尚樹、さんの……太いので、気持ちよく、して……」
「ああ、いい子だ。愛花はかわいい。本当に……かわいいよ」

 愛花の膝の裏へ手を当てた高瀬が、さらに脚を広げて持ち上げた。
 秘所もその奥まった隘路も、これから迎え入れる熱く太い剛直を欲しがって疼いている。 

「ほら……これだろ? ああ……入る」
「あっ、ああっ! ひっ、んんっ、おき……い、い、ああっ!」

 高瀬の亀頭が膣口をググッと広げた。僅かな痛みに一瞬硬直したが、一番太い部分をズブズブと一気に飲み込んでいく。すぐに愛液が高瀬の屹立に絡みつくように滴りはじめ、彼の抽挿を楽にした。

 まるで粘膜に濃厚なキスをされているようで、淫慾は濃くなっていく。熱の塊が体の中へねじ込まれる充溢を感じながら、意志とは関係なく愛花の肉壁がヒクリと戦いた。

「愛花……すごいな。中が熱くてうねって……俺のものに絡みついてくる。そんなに待ち遠しかったのか? これが、好きか?」

 高瀬が体を揺すり、すぐに肉腔を愛撫し始めた。じゅぶじゅぶ、と粘着質な水音が聞こえてきて、自分がどれほど濡れているのかを思い知る。
 ズンと最奥を突き上げられると、愛花の体は甘美な刺激に攻められ何度も腰が浮ついた。彼の一部が体内に入っている存在感を、押し寄せる快楽と共に感じ取る。

「あんっ、あっ、あっ、尚樹さんっ、それっ……いっ、いいっ……気持ち、い、ん……っ」

 恥ずかしいのと気持ちいいのとが入り交じり、どうしていいか分からなくなる。高瀬が愛花の体を半分に折るようにして覆い被さってきた。彼の重みが愛しくて、涙が出そうなのを押し隠す。そしてより深い部分で愛され、奥を突く高瀬を締め上げた。

「んっ……んんっ」

 高瀬に口を塞がれて、愛花の喘ぎ声は全て飲み込まれる。その間、彼の抽挿は止むことはなく、クラクラするような喜悦に踊らされた。

 抱え上げられていた脚を解放されて、高瀬のストロークがゆっくりになる。ホッとしたのも束の間、今度は汗ばんだ肌に唇を寄せられ彼の舌が鎖骨を舐めた。同時に手の平が愛花の体の線を撫でるように這い上がってきて、荒げた呼吸に上下する乳丘を包み込む。

更新日:2018-08-16 15:21:07

社内恋愛禁止~あなたと秘密のランジェリー~R-18