官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 3 / 61 ページ
ふいに女は怪訝な顔つきを見せた。
「Sed vi ne estas tiel kulpa kiel devi vidi ĝin. 」
(見なければならないほど悪さはしてないだろうが。)
女の言う意味が俺は分からなかった。女のほうでは、見たがる俺が分からないようだ。
「Nu, ĉiukaze viro estas tiel malpura ĝuste kiel piĉo. Piĉo konvenas al vi. Hihihi ! 」
(まあ、男など、何にしろ、オマンコなみに汚らしいんだ。よく似合うだろうよ、ふふふ!)
意地悪な笑いを女がした。
「Egale! 」
(とにかく!)
俺は女の腰に手を掛け、巻かれた植物製の布を剥ぎ取った。女は抵抗せず、却って脚を開いて見せた。中まで広げて見せた。
いつか都会の風俗店で見た以来の本物の女性器だった。画像などではない。店の女は年増だったが、いま目の前で突きつけているのは俺より十歳も若い女だ。
「Sentu sufiĉe honton kaj ĉagrenon! 」
(思い切り恥を知って後悔しろ!)
女はちょうど人に嫌がらせをする時のような調子で言った。俺が恥を問われる意味は全く分からない。
俺は女を座らせ、かがんで顔を近づけた。
「Tre interesa. Ŝajnas kiel konkulo aŭ tiaj vivaĵoj en akvo. De kie vi pisas? 」
(すごいな。貝か何か、水の中の生き物みたいだ。どこからおしっこするんだ?)
中が一面に汚れきっていた。全然、手を付けていないと思われるほど、初めて目にする不潔さだった。これくらいの歳の女は皆こうなのだろうか。女の臭みが漂ってくる。しかし、元気な命のにおいは俺の男を更に高ぶらせた。つややかに毛が生えていた。
熱心にそこを観察する俺を女は不思議そうに眺めていたが、次第に恥ずかしくなってきたらしい。
「Ne rigardu tiel proksime. Ĉu vi neniam vidis ĝin? 」
(そんな近くで見つめるな。見たことがないのか。)
「Ne! Rigardigu ĝin detale. 」
(ない! もっとよく見せろ。)
「Estas honte.....」
(恥ずかしい)
恥ずかしさはまた女を興奮させていた。肌に触れると女は仰け反った。汚れを拭い取るつもりで、俺は溝に沿って指を上下に動かした。
「Jukas! A, strange jukas tie! 」
(痒いっ! あ、変な痒さが!)
女は後ろ手を突いてしまっていた。皮を被った陰核を剥いて強く擦り上げると、息を吸い込む音が聞こえた。
文字通り目と鼻の先に、若い女が花開いている。小ぶりの縮れた小陰唇が、俺に木耳を思わせた。その間に覗く薄桃色の地肌に、俺は本能的に舌を撫で付けた。
「!! 」
言葉を忘れたかのごとく、小さな悲鳴を上げてこちらを見つめるだけで、女はやめさせもしなかった。
口の中から鼻むろまで、女のにおいとそこの味が、目眩のするほど沁み渡った。
息が速くなり、横になってしまった女は胸を高く反らせて喘ぎながら、か細く
「Mi ellasos.....irigu min pisi. 」
(漏れそうだ・・・出しに行かせてくれ。)
言葉の終わらぬうちに女は勢いよく噴き出した。出る穴が広がり、よく見える。
垢の付いた他人の股を舐めることなど勿論、増してや小便を飲むなど、人生で初めてのことだったが、不思議と口は離れなかった。
「Vi estas freneza! A, mi ne plu povas teni min! 」
(気が狂ってるのか! あ、もう我慢できない!)
もはや、俺のことなど忘れ、自分に埋没した顔をしていた。
「Mi venos! Mi venos! 」
(い、いく!)
俺の顔の前で、女の肛門がぐっと縮まった。鼓動のようにリズミカルにそれが繰り返された。
ついに手脚を投げ出し寝転んでしまった女は涙して呟いた。
「Vi venkis. Vi povas trakti min laŭvole. 」
(お前の勝ちだ。どうとでも私を好きにしろ。)
言葉が終わるのを聞いた俺は、くたりと緩んだ女の股に腰を突き入れた。

更新日:2018-06-28 17:15:39

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook