• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 720 ページ

漱石俳句の一覧       海棠の 〜

・海棠の露をふるるや朝烏
・廻廊に吹きこむ海の吹雪かな
・廻廊の柱の影や海の月 
・垣間見る芙蓉に露の傾きぬ
・帰るは嬉し悟桐の未だ青きうち
・顧みる我面影すでに秋
・帰ろふと泣かずに笑へ時鳥
・顔洗う盥に立つや秋の影
・柿売るや隣の家は紙を漉く

・垣老いて虞美人草のあらはなる
・柿一つ枝に残りて烏哉
・柿の葉や一つ一つに月の影
・限りなき春の風なり馬の上
・かくて世を我から古りし紙衣哉
・廓然無聖達磨の像や水仙花
・駆け上る松の小山や初日の出
・掛稲や渋柿垂るる門構 
・掛稲や塀の白きは庄屋らし
・賭にせん命は五文河豚汁

・影参差松三本の月夜哉 
・影二つうつる夜あらん星の井戸
・影法師月に並んで静かなり 
・陽炎に蟹の泡ふく干潟かな
・陽炎の落ちつきかねて草の上


・蜻蛉や杭を離るる事二寸
・陽炎や百歩の園に我立てり 
・崖下に紫苑咲きけり石の間
・かざすだに面はゆげなる扇子哉 
・重ぬべき単衣も持たず肌寒し
・かしこまる膝のあたりやそぞろ寒 
・春日野は牛の糞まで焼てけり
・霞みけり物見の松に熊坂が
・霞たつて朱塗の橋の消にけり
・ 霞むのは高い松なり国境 
・霞む日や巡礼親子二人なり
・風折々萩先ず散つて芒哉
・風が吹く幕の御紋は下り藤 
・化石して強面なくならう朧月 
・風に聞け何れか先に散る木の葉
・風に乗つて軽くのし行く燕かな 
・風吹くや下京辺のわたぼうし
・風ふけば糸瓜をなぐるふくべ哉
・片々や犬盗みたるわらじ足袋
・刀うつ槌の響や春の風 
・肩に来て人懐かしや赤蜻蛉
・かたまるや散るや蛍の川の上 
・戛々(かつかつ)と鼓刀の肆に時雨けり 
・門に立てば酒乞う人や帽に花
・門柳五本並んで枝垂れけり
・蟹に負けて飯蛸の足五本なり
・鐘つけば銀杏ちるなり建長寺
・蚊ばしらや断食堂の夕暮に
・壁に映る芭蕉夢かや戦ぐ音
・壁に背を涼しからんの裸哉
・蒲殿の愈悲し枯尾花
・冠(かぶり)せぬ男も船に春の風
・禿いふわしや煩ふて花の春 
・鎌倉堂野分の中に傾けり
・鎌さして案内の出たり滝紅葉

・神かけて祈る恋なし宇佐の春
・雷の図にのりすぎて落にけり 
・神の住む春山白き雲を吐く
・加茂にわたす橋の多さよ春の風
・乾鮭や薄く切れとの仰せなり
・乾鮭と並ぶや壁の棕櫚箒
・烏瓜塀に売家の札はりたり
・烏飛んで夕日に動く冬木かな
・からつくや風に吹かれし納豆売
・仮位牌(かりいはい)焚く線香に黒むまで
・かりがねの斜めに渡る帆綱かな 
・雁の拍子ぬけたる氷哉
・雁ぢやとて鳴ぬものかは妻ぢやもの

・かりそめの病なれども朝寒み
・枯蘆の廿日流れぬ氷哉
・枯ながら蔦の氷れる岩哉
・枯野原汽車に化けたる狸あり 
・枯蓮を被むつて浮きし小鴨哉
・枯柳緑なる頃妹逝けり
・枯柳芽ばるべしども見えぬ哉
・川幅の五尺に足らで菫かな 
・川向ひ桜咲きけり今戸焼
・厠より鹿と覚しや鼻の息
・寒菊やこゝをあるけと三俵
・寒月やから堀端のうどん売
・寒月や薙刀かざす荒法師
・寒垢離や王事もろきなしと聞きつれど
・寒山か拾得か蜂に螫されしは 
・願かけて観音様へ紅の花
 
・元日に生れぬ先の親恋し
・元日の山を後に清き温泉 
・元日や歌を詠むべき顔ならず
・かんてらや師走の宿に寝つかれれず
・冠(かんむり)せぬ男も船に春の風
・消えにけりあわただしくも春の雪
・帰燕いづくにか帰る草茫々
・聞かふとて誰も待たぬに時鳥
・黄菊白菊酒中の天地貧ならず 
・菊活けて内君転た得意なり 
・菊提て乳母在所より参りけり

更新日:2020-02-26 20:49:25

漱石の『落語より面白い俳句』:1319句の解釈例とその面白味