• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 3 / 637 ページ

漱石俳句の一覧 (あいうえお順) 馬の子と 〜

・馬の子と牛の子と居る野菊かな
・馬の背で船漕ぎ出すや春の旅
・馬の蝿 牛の蝿来る宿屋かな
・生れ得てわれ御目出度顔の春
・馬を船に乗せて柳の渡哉
・海見えて行けども行けども菜畑哉
・海見ゆれど中々長き菜畑哉 
・海やけて日は紅に「以下なし」
・梅咲きて奈良の朝こそ恋しけれ
・梅ちるや月夜に廻る水車
・梅の奥に誰やら住んで幽かな灯
・梅の神に如何なる恋や祈るらん 
・梅の小路練香ひさぐ翁かな 
・梅の詩を得たりと叩く月の門
・梅の花不肖なれども梅の花
・有耶無耶の柳近頃緑也
・裏表濡れた衣干す榾火哉
・裏返す縞のずぼんや春暮るゝ 
・裏河岸の杉の香ひや時鳥
・裏山に蜜柑みのるや長者振 
・憂ひあらば此酒に酔へ菊の主
・憂あり新酒の酔に託すべく
・ゑいやつと蠅叩きけり書生部屋
・穢多寺へ嫁ぐ憐れや年の暮 
・絵にかくや昔男の節季候
・烏帽子着て渡る禰宜あり春の川 
・円遊の鼻ばかりなり梅屋敷 
・応永の昔しなりけり塚の霜
・応々と取次に出ぬ火燵哉
・黄檗の僧今やなし千秋寺 
・大岩や二つとなつて秋の滝
・大空や霞の中の鯨波の声
・大滝を北へ落すや秋の山
・大粒な霰にあひぬうつの山


・大手より源氏寄せたり青嵐
・大雪や壮夫羆を護て帰る
・御かくれになつたあとから鶏頭かな
・御車を返させ玉ふ桜かな
・おくれたる一本櫻憐なり
・厳かに松明振り行くや星月夜
・御降(さが)りになるらん旗の垂れ具合
・御死にたか今少ししたら蓮の花
・恐る恐る芭蕉に乗って雨蛙
・恐ろしや経を血でかく朧月
・お立ちやるかお立ちやれ新酒菊の花
・男滝(おだき)女滝上よ下よと木の葉かな
・落ちさまに虻を伏せたる椿哉
・落付や疝気も一夜薬喰
・落椿重なり合ひて涅槃哉
・落つるなり天に向つて揚雲雀
・御天守(おてんしゅ)の鯱いかめしき霰かな 
・同じ橋三たび渡りぬ春の宵
・負ふ草に夕立早く逼るなり
・朧の夜五右衛門風呂にうなる客 
・朧故に行衛も知らぬ恋をする
・朧夜や顔に似合ぬ恋もあらん
・女郎花を男郎花とや思ひけん
・思い切つて更け行く春の独りかな
・思ふ事只一筋に乙鳥かな
・
思ひ出すは古白と申す春の人
・面白し雪の中より出る蘇鉄
・御館(おやかた)のつらつら椿咲にけり
・親の名に納豆売る児の憐れさよ 
・親一人子一人盆のあわれなり
・愚かければ独りすずしくおはします
・御死にたか今少ししたら蓮の花
・温泉に信濃の客や春を待つ
・温泉や水滑かに去年の垢
・御曹司女に化けて朧月
・女の子発句を習ふ小春哉
・骸骨や是も美人のなれの果
・骸骨を叩いて見たる菫かな
・海棠の精が出てくる月夜かな

更新日:2020-01-20 12:39:08

漱石の『落語より面白い俳句』:1107句の解釈例とその面白味