• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 2 / 718 ページ

漱石俳句の一覧      雨晴れて 〜

・雨晴れて南山春の雲を吐く
・鮎渋ぬ降り込められし山里に 
・嵐して鷹のそれたる枯野哉
・荒滝や野分を斫て捲き落す
・あら滝や満山の若葉皆震ふ


・ある画師の扇子捨てたる流かな 
・ある時は新酒に酔て悔多き
・有る程の菊抛げ入れよ棺の中
・或夜(あるよ)夢に雛娶りけり白い酒
・逢はで散る花に涙を濺げかし
・あんかうは釣るす魚なり縄簾 
・ 鮟鱇や小光が鍋にちんちろり
・あんこうや孕み女の吊るし斬り
・暗室や心得たりときりぎりす
・行燈にいろはかきけり秋の旅
・居合抜けば燕ひらりと身をかはす 
・飯蛸と侮りそ足は八つあると
・飯蛸の頭に兵と吹矢かな 
・飯蛸や膳の前なる三保の松
・ 
家あり一つ春風春水の真中に 
・家捨て世も捨てけるに吹雪哉 
・家の棟や春風鳴つて白羽の矢 
・家を出て師走の雨に合羽哉
・勢ひやひしめく江戸の年の市
・生き返るわれ嬉しさよ菊の秋
・生きて仰ぐ空の高さや赤蜻蛉
・活けて見る光琳の画の椿哉
・行けど萩行けど薄の原広し 
・いざや我虎穴に入らん雪の朝
・石橋の穴や蓮ある向側
・異人住む赤い煉瓦や棕櫚の花 
・いそがしや霰ふる夜の鉢叩


・いたづらに菊咲きつらん故郷は 
・一群や北能州へ帰る雁 
・一山や秋色々の竹の色 
・一大事も糸瓜も糞もあればこそ
・井戸縄の氷りて切れし朝哉
・市中は人様々の師走哉 
・一木二木はや紅葉るやこの鳥居
・一里行けば一里吹くなり稲の風 
・一輪は命短かし帰花
・いつの間にふくれけるかなこのかぼちゃ
・井戸縄の氷りて切れし朝哉
・井戸の水汲む白菊の晨哉 
・稲妻に行手の見えぬ広野かな
・稲妻の砕けて青し海の上
・稲妻の目にも留まらぬ勝負かな 
・稲妻やをりをり見ゆる滝の底
・犬去つてむつくと起る蒲公英が
・稲刈りてあないたはしの案山子かも
・稲熟し人癒えて去るや温泉の村
・芋洗ふ女の白き山家かな

・苟くも此蓬莱を食ふ勿れ


・色鳥や天高くして山小なり
・岩にたゞ果敢なき蠣の思ひ哉
・魚河岸や乾鮭洗ふ水の音
・魚の影底にしばしば春の水
・鵜飼名を勘作と申し哀れ也

・うかうかと我門過ぎる月夜かな
・憂き事を紙衣にかこつ一人哉
・うき人の顔そむけたる蚊遣かな 
・うき世いかに坊主となりて昼寐する 
・鶯の大木に来て初音か 
・鶯の鳴かんともせず枝移り 
・鶯の日毎巧みに日は延びぬ
・鶯のほうと許りで失せにけり 
・鶯や雨少し降りて衣紋坂 
・鶯や髪剃あてて貰ひ居る
・鶯や障子あくれば東山
・鶯や田圃の中の赤鳥居 
・鶯や隣の娘何故のぞく
・鶯や隣あり主人垣を覗く
・鶯をまた聞きまする昼餉哉 
・薄き事十年あはれ三布蒲団
・薄蒲団なえし毛脛を擦りけり 
・堆き茶殻わびしや春の宵
・埋火に鼠の糞の落ちにけり
・埋火や南京茶碗 塩煎餅
・うそ寒し瀑は間近と覚えたり
・うそ寒み大めしを食ふ旅客あり
・うそ寒や灯火ゆるぐ滝の音 

・謡師の子は鼓(つづみ)うつ時雨かな 
・謠ふべき程は時雨の羅生門
・謡ふものは誰ぞ桜に灯ともして
・空木の根あらはなり冬の川
・梁(うつばり)に画龍のにらむ日永かな
・うつむいてひざにだきつく寒哉
・打てばひゞく百戸余りの砧哉 
・うてや砧これは都の詩人なり
・うねうねと心安さよ春の水
 
・卯の花に深編笠の隠れけり
・卯の花や盆に奉捨をのせて出る
・馬の息山吹散つて馬士も無し
・馬市の秣飛び散る春の風
・馬に乗って元朝の人勲二等
・馬に二人霧をいでたり鈴のおと

更新日:2020-02-18 20:27:46

漱石の『落語より面白い俳句』:1311句の解釈例とその面白味