• 34 / 79 ページ
「あ! そう言えば、インターネットのポケサイトでそう告知されてたわね!」
「ええ!?」
嫉妬していたカスミは、ハタッと思い出した
ポケサイト、ポケモンやらあらゆる情報を発信する、ポケモンの事に関するトレーナーやコーディネーター、その他のポケモンに関する人の為の専用サイト
ポケモン国際連合が管理する、サイトには、色々な情報を載せられている
ジムのこと、コンテストの情報、ジムリーダーの情報、各地の地方のイベントなどの紹介、遠い地方の情報、四天王、チャンピオンのプロフィール公開、ポケモン博士のプロフィールやら功績、オーキド博士の講座、リーグやレッドとかの情報も、このサイトで分かるようにしてあるのだが

「そ、そんなサイトあるの!?」
「もう、シゲルは、本当にうっといわね〜」
「俺も知らなかった」
「シンジも、サトシも、世間から置いてけぼりが殆どだもんな・・・でも、そんな情報いつ乗ったんだ?? 俺も知らないな、結構チェックしてるのに?」
ケニヤンは、サトシやシゲル、シンジよりは聡い方だが、全く知らない情報だと、シゲルやシンジ同様に首を傾げる
女子とは対照的に、男子達は、シゲルやシンジ、ケニヤンと共に首を傾げていると
「だから・・・昨日だ」
「「「「「「「「はい?」」」」」」」」
「俺達が、この事を知ったのは、昨日、インターネットの情報公開も昨日」
「「「「「「「「!? ええ!?」」」」」」」」
「しかし、町の人はしっかりしてるな・・・それなのに、もう屋台がこんなに出来ている・・・昨日今日でよく、こんなに店を出店させるとは恐れ入る」
「あ、あはは、此処ぞとばかりに、便乗する人は居ますね・・・商人魂が凄ければ」
「ね? 本当、お陰で私の財布の紐緩みっぱなしで困っちゃ〜う」
「ハ、ハルカ、綿あめとアメリカンドッグ、たこ焼き片手に、イカ焼きも、よくそんなに食べれるね、気持ち悪くない?」
ノゾミの口の端はひきつる
「んむ? 寧ろ足りないかも〜」
「俺も、足りねぇ〜、お、あっちにポケモンカステラある〜、サイコーダも後で買おう!」
「あ! りんご飴といちご飴も良さげ〜」
「ハルカ、買い過ぎるな! 僕も持ちきれないぞ!?」
シュウが、ハルカの荷物持ちに任命されたのか、彼の手にも、露店で販売されて居たらしい物が、腕からぶら下げられたり、両手にいっぱい抱えている
「んえ〜、なよっちぃな〜シュウ、まだ、序の口だろう?」
ケニヤンの両手にも、何やら此処ぞとばかりに買い漁ったものが握られて居た
「僕、もう見てるだけでお腹いっぱいになるよ・・・」
「「あたしも・・・」」
シューティー、カベルネ、ラングレーは、若干うんざりした顔だった
「それでも、その体維持できるから不思議よね?」
「キバ〜」
爆買いとは言わないも、何かの店を通り過ぎるたび、何かしら握られているハルカ、ジュン、ケニヤン、アイリスの手にも、彼ら程ではないもそれなりに握られている

更新日:2017-12-09 13:16:21

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook