• 147 / 153 ページ
でも、途中、あいつは、突然ポケモンスクールに来なくなったんだよな!?
なんで突然なんだかな、本当訳わかんねえ奴だよ、其処からは、あいつの姿はとんと見なくなるしよ、俺は、親の都合で、マサラタウンを離れないといけなくなるし、それ以降、サトシとは会っていない

別れの挨拶もなしかよ! あんなに仲良くしてやったのによ!! とんだ薄情な奴だぜ!!
別に泣いてなんかいないんだからな!!

なんて、そういう事があった幼い頃の思い出を突如、思い出したのは

「!? お前!!」

「ん?」
「ピカ?」
くるりと自分よりも背の高い背筋が綺麗に伸びて、着てる物もこざっぱりとした
モンスターボールのマークがトレードマークらしい帽子を被り、黄色い愛らしいピカチュウを肩に乗せた

「サトシ!?」

そう、あのみすぼらしいチビ助・・・マサラタウンの変わり者、サトシと再会したせいだった

サトシの他にも、ツンツンした髪型の随分と顔のいい奴とボブの紫の髪に目つきの悪いも顔はイケメンに入るだろう奴と黄色い変わった髪型のやんちゃ坊主っぽいこれまたイケメンの分類に入るだろう奴と糸目の年上らしい奴と髪の長い可愛い印象のポッチャマのトレーナーらしい女の子と随分とカッコいいボーイッシュな女の子とくるくるした髪をツインテールにしたキツそうな女の子と何というか少し頼りなさそうな奴、ポチエナのトレーナーらしき奴とビーダルのトレーナーらしき奴とフワンテのトレーナーらしき女の子、それに、テレビ電話の向こうを見れば、フシギダネ、キングラー、ベトベトン、オレンジの一つ結びの可愛い女の子と冴えなさそうなこれまた年上らしき奴とバンダナの胸の大きい可愛らしい女の子と気障ったらしそうな奴とヘンテコな緑色のスーツの男と、メガネのチビ助とナマケロ、ヤルキモノ、ケッキング、ゼニガメのせいで、テレビ電話四台とも占領する、サトシを見て幼い日の思い出が蘇ったんだ

そいつはまさしく、自分がよく遊んで「? 誰だ? お前?」

「!?」

シーーーーーーーン

元チビ助の変わり者の口から飛び出す言葉により、ポケモンセンター全体の空気は固まりは、途端に辺りは静まり返る

相手は勿論だが、サトシの側にいた、ピカチュウ、シゲル、シゲルのブラッキー以外のシンジ、ジュン、タケシ、ヒカリ、ポッチャマ、ノゾミ、ウララ、ケンゴ、ハルキ、ポチエナ、タク、ビーダル、ヒナ、フワンテも、テレビ電話の向こうのカスミ、ケンジ、フシギダネ、キングラー、ベトベトン、ハルカ、シュウ、ハーリー、マサト、ナマケロ、ヤルキモノ、ケッキング、ゼニガメ、それを眺めていただけのジョーイさん、ラッキーとサトシのピカチュウを付け狙うつもりのロケット団三人衆と、たまたま通りかかっただけのコンテスタさんとスキゾーさん、その他のポケモンセンター利用していたトレーナーやらコーディネーター達は、ギョッとして、口の端を引き攣らせていた

「な、何言ってるんだよ! 俺だよ!!」
「? んーーーーーーー? 知らねぇな」
「―――――!!!!」

どきっぱりと返される一刀両断

「マサラタウンで、遊んだだろうが!!」
「? いや? 全然覚えないな、マサラタウンにいた時、遊ぶというとシゲルとかリクとかスイ達だし・・・シゲル? お前は、知ってるのか?」
「え!? や、えっーーーと・・・誰??」

「―――――!!!!」
サトシのみならず、シゲルもとんと覚えがないようで、怪訝そうにそいつを見るばかりだ
またもや、痛恨の一撃を受ける、サトシよりも背の低いふくよかな男の子は、とてつもない衝撃を貰う

背の低いふくよかな男の子の目の前は、真っ暗になり、その後のことは覚えていない

「? ん? なんだ???」
「? さぁ?」
「ピカ??」
「ブラ??」

「「「「「「「「「「「「「「「「・・・」」」」」」」」」」」」」」」」」」
ポケモンセンターは、その日、気まずい空気と共に

「俺、優しくされて認識されるって幸せな事なんだなって思ったな!!」
「それな!」
「「「「「「「「本当、それな・・・」」」」」」」」」
「ポチャ・・・」
「チエ・・・」
「ビーダ・・・」
「プワ・・・」
『『『『同意・・・』』』』
『ダネ・・・』
『コキ・・・』
『ベト・・・』
『ゼニ・・・』
『ナマ・・・』
『ヤルキ・・・』
『ケッキン・・・』

訳が分からんと言わんばかりの顔をしては、怪訝そうな顔をする、マサラ幼馴染コンビを見ては、震え上がる一同が居たという・・・


*人を使っていい人アピールするのはやめましょう、シゲルの事を知らないのは、イケメンなのとオーキド博士の孫と知って妬んで覚えなかったのでしょう、それもあって、サトシとシゲルは、その魂胆が野生の勘と観察力で見抜き近づかなくなったんだと思います。
悪い事は出来ませんね?(ゲスい)

更新日:2017-12-19 16:56:55

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

サトシとヒカリの出来事 シンオウ特別編リメイク