• 129 / 153 ページ
で、シゲル達の観覧席から反対側

「あんた達ここに居たの? 探したじゃないの」
「!? ム!?」
「ムサシ!? ここへ来てもいいのかにゃ!?」
「ん? もう、あたしは負けたんだし、控え室にいる意味ないでしょう」
「ま、まあな?」
「ジャリボーイとジャリガールのバトルをここで、見届けたくなったのよ、あとこれ」
「? なんだにゃ?」
ニャースの手のひらに乗せられる
「何の包み、というか」
「いい匂いだにゃ〜」
「ハブ〜」
「マネネ〜」
「ソーナンス〜」
「ヤン〜」
「ジャリボーイからよ」
「は!?」
「にゃんだって!?」
「ハブネークでバレたのよ」
「「!?」」
「んで、今日は、大人しくしてたら何もしないって、それ、ジャリボーイが作った奴、あんた達にやれって」
「「「「「「「!!」」」」」」」
コジロウ達は、目を見開き
ムサシを見ると何故か頬がピンク色
「その、何時も、その協力してくれてありがとうね?」
「「!! ム、ムサシ〜(涙)」」
「ハブ〜(涙目)」
「ソ〜ナンス(涙目)」
「ヤ〜ン(涙目)」
「マネネ(涙目)」
ジャリボーイもといサトシのお陰で、八つ当たりは免れた上に、クッキーもくれるなんて〜
なんて良い奴!! ジャリボーイ様の思し召しやで、これは〜・・・

それに何よりも、ムサシからのまさかの感謝の気持ちを聞けるとは・・・ジャリボーイマジ凄い!!

更新日:2017-12-16 13:51:35

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

サトシとヒカリの出来事 シンオウ特別編リメイク