• 91 / 128 ページ

第12章―Ⅴ:身代わりの代償

「ジーフェスに見合いさせたとはどういう事か、説明して貰おうか?」

「……」

――ジーフェスの屋敷から直後王宮へと赴いたアルザス。
だが執務室で彼を待ち受けていたのは、戸惑う表情をした秘書のラルゴと近衛兵隊の一団であった。

「アルザス宰相様、殿下の御命令により貴方様をお連れ致します」

命令に逆らえず、近衛兵隊に囚われるようにアルザスはカドゥースの執務室へと連れていかれたのだった。

“例の件がいずれ殿下の耳に入るとは思っていたが、やけに早過ぎるな。誰か密告でもしたか?”

返答に迷い、沈黙を通すアルザスに、カドゥースは眉を潜めた。

「アルザス、我は確かにお前の命に我が命と同等の権利を与えた。だがそれはお前が我の意思に絶対的な忠誠を誓った上での事だ。
今回のジーフェスの件はそれに反する事だと解っての事か?」

「殿下の仰有る事は理解致しております」

「ならば即刻ジーフェスとあの者との見合いを抹消しろ。お前のやってる事はサーシャ殿を、引いてはアクリウム国を侮辱する事なのだぞ」

「解っております。だからこそ…」

「何故そのような事をせねばならぬのだ。そこまであの女に、ウルファリン国に拘るのは何故だ?」

「……」

カドゥースの問い掛けにアルザスは黙りを通す。だがそれが全ての答えだった。

「成る程な、何を出された。慎重かつ冷淡なお前がここまで大それた事を仕出かす程の報酬は何だ?」

「ウルファリン国原産のシルファミンクの毛皮の交渉権で御座います」

「シルファミンク…」

「はい、かの獣の毛皮はシエンタ大陸、特に帝国ウインディアではその毛並みの美しさと暖かさから絶大な人気を誇っております。
シルファミンク最大の成育地であるウルファリン国の産業を我が国が抑えれば、わが国益に繋がります」

だがアルザスの説明にも、カドゥースは表情ひとつ変えない。

「それだけか」

「はい?」

「お前を動かしたのはそれだけでは無いだろう。その程度のものならお前は端から無視してる。我はお前の性格を充分に把握している、我を嘗めるな!」

「!?」

カドゥースの予想外の厳しい言葉にアルザスは言葉を詰まらせた。

「お前をそこまで動かしたのは何だ、答えろアルザス」

「……」

“流石殿下、私の事はお見通し、か…”

最早言い逃れは出来ぬと判断したアルザスは深い溜め息をついたかと思うと、その重い口を開くのであった。


      *


――こちらはジーフェスの屋敷。

「じ、じゃあ…行ってくるよ…」

凄く気まずい雰囲気の中、遅めの朝食を終えたジーフェスはサーシャとシャネリアが見守る中、自衛団の庁舎に向かっていった。

「行ってらっしゃいませ」

「(行ってらっしゃい、あなた)」

同時に見送りの言葉を発し、二人はお互いの顔を見合わせた。

「あの…」

シャネリアはふんとサーシャから視線を反らすと彼女の見ている前で思い切りジーフェスに抱きついたのだった。

「!?」

「ち、ちょっと…」

「(ジーフェス様が居なくてシャネリアはとても寂しいです。早くお戻り下さいませ)」

そう言ってジーフェスの頬にキスをするのだった。

「ま、待った!その…」

慌ててシャネリアを引き剥がそうとしてサーシャに視線を向けると、呆気にとられた表情で自分達の様子を見ている。

「サーシャ、これはその…」

「(まあ、わたしの振る舞いにいちいち腹を立てるようでは正妻としてはやっていけませんわよ)」

更新日:2018-09-17 10:45:31

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook