• 86 / 128 ページ

第12章―Ⅳ:見合いと策略

――夜明け直後の、未だ暑さもさほど無い爽やかな空気に包まれた時分、

ここジーフェスの屋敷のダイニングではそんな爽やかな朝には全く不釣り合いの、不穏で緊迫した空気が漂っていた。

ダイニングにはジーフェスとサーシャ、アルザスの三人が並んで座り、テーブルを挟んで反対側には‘闇陽’の見張りの下、フェンリルとシャネリアが椅子に座り、傍には従者二人が立ち、アルザスとフェンリルは睨み付けるようにして互いを見ていた。

「何故お前がこの地に居るのか、説明して貰おうか?」

長い沈黙を破ったのは、アルザスの冷たい一言だった。

「その前に、何でてめぇがそんなに早く動けたのか知りたいんだが…ジーフェス殿や奥方についてた隠密といい、てめぇと一体どういう関係だ?」

「質問しているのはこちらだ。お前の返答次第ではその身柄、軍に引き渡すぞ」

「!?」

だがアルザスの強気な押しに、流石のフェンリルもそれ以上言葉が無く、暫し黙り込んだ。

「あの…一体彼は、フェンリルは何者なんだい?」

端から見ていたジーフェスが思い切ってこそっと尋ねると、アルザスはちらりと横目で彼の顔を見た。

「フェンリルは、あれは北の辺境国ウルファリンの現領主の第三子息だ」

「ウルファリン、領主の子息…」

“領主の子息ということは、この国で云うところの王子にあたるのか!”

「しかもあれはウルファリン国の政治の実権を握る中心的人物のひとりだ。特に外交関係に力を入れている。何度か会合で顔合わせした事があるが、交渉力はあの女狐に勝るとも劣らぬ腕前だぞ」

「「は!?」」

フェンリルの意外な正体にジーフェスもサーシャもびっくり。

「じゃあ、もしかしなくてもフェンリル殿って…」

「わたしとほぼ同じ立場の人間という訳だ」

「……」

目の前のフェンリルの正体を知り、余りの身分の高さにジーフェスはただ呆然とするだけである。

「その、フェンリル殿がウルファリン国の領主の子息という事は、シャネリア殿は当然…」

「領主子女に決まってるだろ!くそっ!俺達のことだけ知って不公平だろうが…いい加減お前らの事も話しやがれ」

昨夜までの人の良い感じから一転、怒りに満ちた瞳でアルザスを睨み付けたままフェンリルが唸った。

「最近アクリウム国の王女が『神託』に依ってフェルティ国の王子のもとに嫁いだという話は聞いた事があるか?」

「は、何だいきなり。あれだろ、何でも今までその存在が明らかにされてなくて、王家の隠し子とも噂された第四王女がフェルティ国の王子に嫁いだって…やつ…だよな……」

そこまで呟き、フェンリルは何か思い当たったのか、ジーフェスとサーシャの顔を交互に見比べる。

「おい…まさか、まさかそのフェルティ国王子とアクリウム国王女って…」

「そういう事だ」

アルザスの言葉に全てを理解すると、フェンリルは低く呻いたかと思うとテーブルに突っ伏してしまった。

「どっかで聞いた事があるかと思ったら、『あの』ジーフェスかよ、てめえの異母弟だったのかよ!マナメスアーハ、グアテラッ《俺様の阿呆っ、畜生っ》!」

終わりのほうはつい辺境言語で悪態をつくフェンリルに、ジーフェスは半ば同情を感じてしまった。

“うわ…あの兄さんにここまで張り合うなんて、フェンリル殿もなかなかなものだな…”

「こちらの話はここまでだ、お前の目的を聞かせて貰おうか」

最終通告と言わんばかりに低く告げる声に、フェンリルは暫し黙ったままだったが、

更新日:2018-09-14 12:27:23

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook