• 81 / 128 ページ

第12章―Ⅲ:戦いの始まり

――陽が地平線に傾き、長い昼の終わりを告げようとする時、いつものようにサーシャの居る屋敷にジーフェスが戻ってきた。

「…ただいま」

只、いつもと違うのは、普段徒歩で庁舎に往き来している彼が、今回は流しの馬車に乗って帰ってきた事であった。

「お帰りなさい坊っちゃま。何故馬車でお帰りなど?」

「お帰りなさいジーフェス様。あら、馬車…」

出迎えにきたポーとサーシャの二人が不思議そうにジーフェスと馬車を見ていると、馬車から続々と降りてくる人物がいた。

それは二人の中年の男とジーフェスと同じ位の年齢の若い男、そしてサーシャと同じ位の年齢の少女だった。

「……」

「……」

黒い髪に照りのある日焼けの茶の肌、そして獣の毛を織り込んだ衣装という、彼らの異質な様相を見たサーシャ達は目を丸くし、暫し言葉が無かった。

「あー、彼等はその、北のほうから来た方々だよ。こちらの彼女が熱中症で倒れたから色々と御世話して…」

そう説明する間にも少女、シャネリアは二人の目の前でジーフェスに抱き着き腕を組んでいくのだった。

「!?」

「ジーフェス、シャネリア、ナナリィ、アイユリサス!」

「ちょ…!」

突然の事にサーシャやポーは凍り付いた表情を浮かべ、その様子にジーフェスは慌ててシャネリアの身体を引き剥がした。

「誰、です。その御方?」

「坊っちゃま。詳しく説明して頂けますか?」

「待ったっ!サーシャにポー、これは誤解だ。彼女が勝手に誤解しているだけなんだ!」

尚も抱き着こうとするシャネリアを必死で抵抗するジーフェス、
と、傍で見ていた若い男、フェンリルがシャネリアの身体を羽交い締めにした。

「(止めろシャネリア!)」

「(離して兄様!妻が夫に寄り添うのは至極当然の事です!)」

「(だから、こいつはお前の夫じゃねえと言ってるだろうがっ!)」

皆の目の前で兄妹喧嘩を始めた二人に周りは呆然。

「何かあったんですかぁ〜?」

「おいおい、何の騒ぎですか?」

余りの騒ぎに、遂にはエレーヌやハック、タフタまでもが集まってきた。

「(御二人とも落ち着いて下さいませ。客人の前でそのような振舞い、我が国の代表としてあるまじき行為で御座います!)」

ギアランの言葉にフェンリルははっと我に帰り、改めて辺りを見回した。
そしてジーフェスを始めサーシャやポーといった、屋敷の面々の呆然とした視線に気付き、罰が悪そうな表情を浮かべた。

「(…悪い、こいつ頼むわ)」

「(御意)」

相変わらず騒ぎ立てるシャネリアを二人の従者に渡し、フェンリルは皆の前で深々と紳士の礼をとった。

「あー、お見苦しい所を見せてしまい申し訳ない。俺はフェンリル、北の辺境からやってきた。
で、あそこで騒いでいるのが妹のシャネリア、そして二人は俺の従者だ…」

フェンリルは従者に抑えられながらも尚も暴れるシャネリアに視線を向け、深々とため息をついた。

「礼儀のなってない妹ですまぬ」

「い、いえ…」

フェンリルの謝罪に反射的にサーシャが応えると、じっと蒼黒の瞳がサーシャを見つめた。

「そなたのその成り、フェルティ国の民とは違いますな…西の地、アクリウムかフィーメン辺りの出身とか?」

「ええ、その通りです。アクリウム国から嫁いできました」

更新日:2018-08-10 08:43:54

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook