• 118 / 128 ページ

第12章―Ⅹ:破(わ)れ鍋に綴(と)じるべき蓋

「で、結局‘氷の女王’はお前の義妹に取られたって訳か!」

――誘拐騒動から三日後、広大な庭の一角にある木陰のテーブルには、庭の主であるアルザスとフェンリルが向かい合って茶をかわしていた。

「仕方あるまい、あそこまで言われてしまえばああするしか無かったからな」

げらげらと腹を抱えて笑う男を睨み付けながら、アルザスは至極不機嫌な表情で茶を口にした。

「でもまあ良いじゃないか。‘氷の女王’はお前の庭園で管理する事にはなったんだろ?」

「……」

もともと寒冷な気候を好む植物の為に、熱帯な気候のフェルティ国で育成するには冷却維持装置が必要不可欠であった。
高額なその設備が整い、且つ管理もしっかりしているという理由から‘氷の女王’はアルザスの屋敷にある冷温室にて育成することとなったのだ。

「まあ仕方ないよな。お前も‘氷の女王’の為に、相当悪どい事をやらかしたからな」

「悪どいとは何だ。私はただあれに馬鹿女を宛がっただけだ」

「馬鹿女って…だーかーら、それが駄目だったのさ。純粋な乙女にそういう男女関係の複雑さを理解させるのは無理な話だったんだよ!」


      *


――誘拐騒動の後、サーシャはフェンリルとアルザスから事の由を全て聞かされたのだった。

『…では、シャネリアさんがその男性にしつこく付きまとわれる故に、ジーフェス様を隠れ蓑に使ったと』

『まあ、そういう事だ。サーシャ殿には事後報告となってしまい、すまなかった』

そう謝罪して頭を下げるフェンリルに対し、アルザスはただ黙ったまま様子を見ているだけである。

『…酷い、そんな、そんな事の為に私や、ジーフェス様がどれほど傷付いたと思っているのですか!』

『すまない。短期間で済む事と下手に事情を話して策が洩れるのを防ぐ為だった。とはいえ、それ故に貴女とジーフェス殿を苦しめたのは事実だ。本当に、すまなかった』

『貴方は、私とジーフェス様の気持ちを弄んだのですよ!私達の気持ちを…』

『そなた達の想いはその程度だったのか?』

言い合う二人の間に入るように、アルザスの冷たい一声が突き刺さる。

『そんな程度って…』

『私にはそなたとジーフェスが政略婚とは違って、強い絆で結ばれていると思っていたのだがな、あのような女にも動じず靡かず、お互いの想いを貫けると思っていたのだが…』

『それは…』

『所詮、そなた等もそこいらの上辺だけの夫婦という事か』

痛烈なその一声に、サーシャは何も言えずに唇を噛み締めた。

『おいおい、そりゃ言い過ぎだぞ。どんなに仲の良い夫婦でも、いきなり妾妻を娶れと言われりゃ動揺するさ』

だがフェンリルの言葉を完全に無視し、落ち込むサーシャの様子を横目で見て、部屋を去ろうとしたアルザス。

『…お義兄様は、誰かを好きになった事は無いのですか?』

ふと呟いたサーシャの声に足を止めた。

『お義兄様にとって、人の想いより、稀少な花のほうが大切なのですか?
身内を騙してまで、手に入れるべきものなのですか?
お義兄様にとって、人の想いはその程度のものなのですか?』

『……』

だがアルザスはサーシャの問いに答える事はなく、無言のまま屋敷を後にしたのだった。

そして翌日にはサーシャのもとにアルザスから一通の御詫びの手紙と‘氷の女王’こと薔薇の苗木が届いたのであった。

更新日:2018-12-15 17:49:45

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook