• 111 / 128 ページ

第12章―Ⅸ:ぶっ飛びかっ飛びすれ違いかん違い

――時は僅かに遡る。

ジーフェスの屋敷から数人の男達によって拐かされたシャネリアとサーシャの二人は、街外れにあるひとつの空き家に連れていかれた。

「(ここ、は…)」

空き家に到着した直前に目を覚ましたシャネリアが見たのは、見慣れた自国の民族衣装を纏った数人の男の集団と、その中央にある椅子に座る若い男の姿だった。

「(カルル、やっぱしあんたの仕業だったのね!)」

シャネリアは自分を掴んでいた男の腕を振りほどき、ぎっと偉そうにふんぞり返って椅子に座っている男、カルルを睨み付けた。

「(ああ、愛しい僕の婚約者よ!よくぞ僕のところへ戻ってきてくれた!さあおいで、我が胸の中に!)」

椅子に座る男は嬉々としてそう叫び、両腕を伸ばし広げた。
カルルと呼ばれた若い男は周りの男に比べたら若い、若いのだが…、

だが周りの男と比べ顔は丸々として肉付きが良く、身体も同様にむちむちとたっぷりの肉…もとい脂肪で包まれていて、横幅は周りの男達の何倍以上もある、それはそれは立派な体格をした男であった。

おまけに服装はウルファリン国特有の毛皮混じりの地味な色合いの服装ではなく、上はキラキラのビーズとレース満載のスーツ姿に下は白のぴっちぴちに伸びたタイツにカボチャ仕様のパンツ姿という、正にどこぞの物語の典型的王子様姿であった。

シャネリアは始めこそ男、カルルを怒りに睨み付けていたものの、その顔・体格と服装との余りの差に、遂には目のやり場に困り果て、頭を抱えてしまった。

「(…あんた、真面目に言うけどさ、その格好すっげーうざっ!!キモいっっ!!目が腐る潰れるっっ!!)」

シャネリアの一言に、周りの従者達も無言で激しく頭を縦に振った。

「(は?何でだい?君が好きだって言ってた白馬に乗った王子様ってこんな格好だよね)」

「(一体いつの話してるのあんた!そんな、幼い時の話をいつまでも信じているなんてどんだけ馬鹿なの!私が何時までもそんな夢見る乙女してるわけないでしょう!)」

「(え?でも君の部屋の隠し戸棚にはタイクーン国で流行りのはーれなんとかって本と、あとびぃえる本っていうのがびっしりと詰まっていたけど…)」

カルルの一言にシャネリアの頬がかあっと赤くなる。

「(あ、あ、あんたっ!い、いつの間に人の部屋を覗き見したのよっっ!!第一そういう格好はそれなりに顔と体格が良い男が着て様になるのよっっ!!
あんたみたいな脂肪玉がそんな格好したら滑稽を通り越して寒気すらするわっっ!!)」

またしても周りの従者が激しく頷く。

「…ん…」

そんな中、部屋の端のほうで寝かされていたサーシャが周りの煩さにやっと目を覚ましたところであった。

「ここ、は…」

辺りを見回せば、薄暗い部屋の中、何人かの異民族の男達と中央辺りに椅子に座った、何とも滑稽な格好をした恐ろしく肥った若い男の姿、そして若い男と向き合うように立って騒ぎたてるシャネリアの姿を見つけた。

「シャネリアさん…」

「(お目覚めになりましたか御嬢さん)」

「!?」

突然隣から従者の男のひとりに声を掛けられ、サーシャは飛び上がらんばかりに驚いてしまった。

「きゃ…!?」

「(失礼御嬢さん、お静かに願います)」

思わず叫ぼうとしたサーシャの口を、男が大きな手で軽く塞いだ。

「んー!?」

「(お静かに願います!貴女様には大変な御無礼、誠に申し訳ありませぬ。ですがいま暫く、我が主人の要望を果たすまでの間、いま暫くお待ち頂けますか?)」

男の言葉の意味は全く解らなかったが、必死で御願いするその様子と唇に指を立てて押し当てる仕草から、男が静かにして欲しいのだと悟るのであった。

サーシャは必死でこくこくと首を縦に振ると、男はほっと安心したように彼女から手を離すのであった。

「あ…貴方達は一体何者なのですか?」

更新日:2018-11-27 16:11:40

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook