• 101 / 128 ページ

第12章―Ⅶ:歪んだ行動と真っ直ぐな心

ジーフェスに怒りを向けられ、完全に無視されてしまったシャネリアは自分の部屋に戻り、独りベッドに横たわって涙を堪え唇を噛み締めていた。

“(ジーフェス様から、ジーフェス様から完全に否定されてしまった…)”

ジーフェスから言われた残酷な一言が、彼女を苦しめる。

“(嫌よ!私はもうあの時のような想いはしたくない!大好きな男性(ひと)を目の前で奪われるような、あんな想いはしたくない!)”

悲しみに浸るシャネリアの脳裏に浮かぶのはひとりの男性の姿。逞しい身体つきに陽に焼けた茶の肌、短めの黒髪に黒い瞳のその人物は、だがジーフェスの姿では無かった。

「(カカメス…)」

脳裏に浮かんだ男性はシャネリアに優しく微笑みかける。

『(大好きよカカメス)』

『(ありがとうシャネリア、俺もシャネリアが好きだよ)』

だが脳裏の男性の隣にはいつの間にか小柄で可愛らしい女性の姿があった。

『(シャネリア、俺は彼女と結婚するんだ。祝福してくれるよね)』

『(!?)』

驚きに目を見開くシャネリアの前で、幸せそうに微笑みあう二人。

『(どうして…私の事を好きだって言ってくれたのに!どうして!?)』

『(シャネリアの事は今でも大好きだよ。でもそれは大切な、妹のような存在としてだけさ。
俺が女性として好きなのは彼女だけさ)』

そう告げて彼は愛する女性に微笑みかける。
自分とは対照的に細く小柄で見た目か弱そうな女性に…。

“(どうして!どうして私を選んでくれなかったの!
私だって、私だって…!)”

――初恋の相手に失恋して悲しみ傷付き、でもやがて時間(とき)が癒してくれて忘れようとした矢先に出逢った人物。
初恋の男性に似て逞しい身体つきに浅黒の肌、黒髪に優しげに微笑むその瞳は祖国では滅多に見られない明るい新緑の翠。
それはシャネリアの二度目の恋の相手。

なのに残酷にも彼には既に愛する女性と出逢って結ばれていた。しかもその女性は初恋の男性を奪ったのと同じような女性…。

“(嫌よ!もう大好きな男性を他の女に奪われるのは嫌!
絶対、絶対ジーフェス様をあの女から引き離して私だけのものにしてみせるわ!)”

悲しみから一転、怒りにも、恨みにも似た気持ちがシャネリアの心を覆っていくのだった。


      *


その日の夜、夕食を終えたジーフェスは独り自室で悶々と考えに浸っていた。

“サーシャにはああ言ったが、兄さんに何と言って話を切り出そうか…。
自分独りが罰を受けるなら別に構わない。でもサーシャまで何らかのお咎めがあったら…”

ぐるぐると悩み考えていくが、中々良い案が思い浮かばない。

“…何時までもこんな状態じゃ駄目だ!”

ジーフェスは鬱を振り払うように立ち上がると気分転換に水か酒でも飲もうと台所に向かっていった。
が、そこには既に先客が居た。

「あ…」

「あ…」

台所でグラスに水を汲んでいたシャネリアと目が合ってしまい、ジーフェスはつい罰の悪い表情を浮かべた。

“ま、まいったな…まさか彼女が此処に居るなんて…”

シャネリアのほうも何とも言えない複雑な表情でジーフェスを見ている。

「ジーフェス、ウエイタ、カルカ?」

「あ、俺はその…水を飲もうとしただけで…」

普段シャネリアの傍に居るラファイルもおらず、ジーフェスはシャネリアの言葉を理解出来ず、身ぶり手振りで伝えようとした。

するとシャネリアはそんな彼の様子から何か察したらしく、持っていたグラスをじっと見つめたかと思うとジーフェスに差し出した。

更新日:2018-11-01 07:50:10

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook