• 2 / 4 ページ
 八は地獄に行くことは無い。
がそうは言えないので
死神は長屋の連中に一つ知恵を授けた。

「あの世に行く時に六文銭が必要だと知っているな」
うんうんと皆うなずく。
「死後行く先が六つあって地獄・畜生・餓鬼・阿修羅・人間界に天上界それらを六道と言ってそのどこかに生まれ変わるのだが六文はいわゆる賄賂(ワイロ)でその生まれ変わる世界一つ一つによろしく頼みますと渡すものなのだ。したがって一文でもケチると悪いところに落とされる。それさえきちんと持ってゆけば三途の川の渡し船にも乗せてもらえる」

 と言って死神は周りを気にしてきょろきょろと見まわした。こんな話をしたと閻魔様に知れたら地獄の獄卒に配置換えをされてしまう。


 さあ
 困ったのは当の八ではなく長屋の連中だ。
善人の八っぁんが地獄に落ちるのなら長屋の連中はみんな地獄に落ちる事は間違いないと顔を見合わせ身震いする。
なんとか八を地獄に行かせないようにせねばならない。
「八っぁん六文持っているかい」
「「六文どころか一文もないから盗ろうと思っても無駄だよ。どうせ死ぬなら文無しでも構やしない」
 八には話が良く分かっていないらしい。
長屋の連中がひそひそと話し出した。
「おまいさんいくら持っているかい」
「あいにく一文も持っていないよ」
「わたしもさ」

 なにしおう貧乏長屋、仕事でも終えての夕間暮れならまだしも朝早くからお金を持っていないのは当然だと思えた。
「ちょっと待っておくれ」
 見かねて女将さんたちが長屋に駆け込んで戻ってきた。
「一文銭は無いけれど四文銭ならあるから、持っておゆき」
と、なけなしを持ってきた。
「四文じゃ足りないよ、あの世に行くには六文無ければならない。かといって私も四文銭しかない」
その女将さんもへそくりの四文銭を握りしめて来た。
「亭主には内緒だよ」

 それ一つ取っても八は長屋の者に好かれる果報者だとわかる。
「それじゃあ皆に申し訳ねえ」と八は拒んでいたが
「六文持ってゆかないと地獄に落とされるそうだから、それじゃあ長屋の連中も目覚めが悪い是非とも持って行ってもらうよ」

「でも一文銭で六文でなくっていいのかい」
と誰かが言った。
「いいも悪いもこれしかお宝が無いのだからしょうがないわね」
「足りないよりも多い方が閻魔様のミコもよくなるたとえさ、無くて地獄に落とされるよりいい、持ってゆきなさいよ」
と言われ涙ながらにその八文を受け取った。

更新日:2017-10-19 09:45:38

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook