• 5 / 13 ページ

垂れ目注意報!

「大ちゃんってさあ。意外と垂れ目、だよねえ?」


隣で差し入れのパンケーキをつっついていた馬場りょがぼそっとつぶやく。

先ほどから何をじーっと凝視しているのかと思えば、だ。

そんなに大ちゃんに興味があるとは思わなかった。


「何?そんなに大ちゃんのこと見てたの?お前。」

「・・・や。ってか。ほら。」


頬杖ついたままホークで大ちゃんを指す仕草に「行儀悪いぞ!」と、他のやつなら突っ込みたくなる。

なるはずなのに、馬場りょの憂いを秘めたような眼差しで視線を促されると、むしろ「かっこいい仕草」だとか思えてしまうから不思議だ。


おっと、話題が逸れてしまった。


とにかく憂いを秘めた馬場りょの視線、にもしかして大ちゃんへの恋心ゆえに??などとドキドキしていたら、大ちゃんの視線の先、に気が付いた。


「・・・まお?」

「うん。まお君を見詰めてる大ちゃんってさあ。目尻めっちゃ下がってるよね。」


もしかして、馬場りょはまおを想う大ちゃんへ片思いしてるのか??


「ああ。彫刻のような完璧な顔、って言われてる割に、確かに今の顔は・・・。」

「でしょ?なーんかイメージ違うなあ。と思って。ってか、初対面に比べてどんどん顔つきも柔らかくなってね?」

「うーん・・・。そう言われれば、そうかも。」

「恋のチカラってやつだよなあ。」


今度は二人をぼーっと眺めながらフォークを銜えて、ぷらぷらさせて遊んでいる。

ぽわぽわとした馬場りょの仕草が可愛らしくて、可愛らしいと感じた自分に動揺する。


「・・・お前・・・。辛くないのか?」

「んー・・・?なんで?」

「なんでってお前、大ちゃんのことが好きなんだろ?」

「・・・はあっ!?」


きょとーん。としていた瞳が、意味を理解した途端に、まんまるに見開かれる。


「何が?どーして?どっから、そーなる?」

「いや、大ちゃんのこと眺めてぼーっとしてるから、てっきり恋煩いかと・・・。」


馬場りょが心を痛めているのかと思えば、俺の心も心なしかチクチクしてしまったことは内緒だ。


「んなわけ、ないでしょ?単に人間観察だよ。

まお君もたいがいわかりやすいけど、大ちゃんもわかりやすいなー。と思って。」


まおが何か段取りを間違えたらしくあたふたとしているのを見て、大ちゃんが微笑ましいと言わんばかりに目尻を更に下げる。

あまり興味がなかったから今までそこまで注意してみてなかったけど、まおの仕草に逐一

「かっわいいなあ。」とつぶやいては目尻を下げている。


「ね?わかりやすいでしょ?ツンデレだよねえ。大ちゃんってば。」


確かに。


「まお君と恋人役してたら、ほんとに恋人になっちゃたりして?」

なーんて誰かがからかおうものなら、

「そんなわけないだろ?仕事だよ、仕事。プロだからな。」

なーんてかっこつけてるくせに、あの目尻の下がり具合をみれば、まお君に恋してるのなんて、一目瞭然だ。


撮影真っただ中のまおには、大ちゃんが自分を見詰めてデレまくっていることなんて知る由もなく。

「僕は大好きなんだけどね。大ちゃんはそうでもないみたい。」

なーんて、ちょっぴり寂しい目をしてまつ毛を伏せるんだ。


更新日:2017-07-18 14:22:41

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

それでも、大まおが一番!その3(2017)