• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 111 / 255 ページ

Ⅸ ブラックタイ:もうひとつの人生 ~ 「フィデリオ」

挿絵 800*534




カーテンのすき間から、まぶしい朝の光が漏れる。

ぼんやりした頭で考える。
ここはどこだ。

シベリアか。
いや、鉄格子から射す、あの冷たい光ではない。

…ああ、伯林だ。
おれは、伯林にいるんだ。
そして、ユリウスを見つけて…

からだを起こしてみると、横にユリウスが安らかに眠っている。
顔を見たくて、カーテンを少し開ける。

朝日のなかで、金色の髪が輝く。
天使のような姿。
白い肌、形の良い唇、長いまつげ。
ユリウスだ。

美しいおでこにそっとキスをする。
おれの天使がおれのもとに戻ってきた。
心から深いよろこびを感じる。

アッパーシーツにくるまった胸元から、白い乳房がちらりと見える。

そうっとシーツをはがしてみる。
乳白色のきめこまかい肌の裸体に、豊かにあふれる黄金色(こがねいろ)の髪。
朝日のなかで、全身が光り輝いている。

…きれいだ。
あまりの美しさに陶然とする。

6年前の夏、妊娠で少し色が濃くなっていた乳首は、今は、また薄桃色に戻っている。
その乳首にそっとキスをする。
もう片方にも。
それから、大切なところにも。

おれの天使。
おまえは、何も変わっていなかった。

おまえの匂いも、
耳をくすぐる甘いあえぎ声も、
柔らかなお尻を抱きかかえると、両手に吸いつくような滑らかな肌ざわりも、
頂点に達した表情も、
そして、おまえのからだの奥深くも、
何も変わってはいなかった。

おれは、おまえを探し求めていた。
おまえしかおれの女はいない。
ずっとそう思っていた。

そのとおりだった。


更新日:2018-09-01 18:02:46

もうひとつの伯林(ベルリン)オルフェウスの窓ss Op.6