• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 8 ページ

一話 スライム狩り

 広い一軒家の一室
 八畳の部屋はカーテンが締め切られ、薄暗い部屋の中に鎮座するタワー型のPCに搭載された大き目の二台のファンが唸りをあげている
 その横にある二十四インチのモニターに目を移せば、そこにはとある有名なアイツを剣で、拳で、魔法でと、ありとあらゆる攻撃手段を用いて攻撃している一人の人間が映し出されていた

「ふぅ……今日もいい数値叩いてるな!動画アップせねば……デュフフ」

 そう画面をうっとりと眺めて独り言を呟くのは大きい樽のような体躯を持った巨漢の男
 その塊が立ち上がると彼を支えていた椅子からは苦悶の音が鳴り響く

「しかし、俺ほどのダメージを叩ける奴は最早このファルクエオンラインには存在せんだろうなぁ……デュフ……デュフフフフッ」

 彼は脂肪で丸太のように太くなった首に二重あごの口からは気持ちの悪い笑い声を吐き出すと、再び画面の向こうへと意識を向ける

 そして再び狩り出すのだ……始まりの町に出てくる初心者御用達のアイツ……

 ──スライムを──

 そうして約一時間もの間、飽きもせず彼等を虐殺すると、巨漢の男は体のコリをほぐすように立ち上がって伸びをする

「う~ん……そろそろ飯の時間だが……さっきから持って来ている気配がないんだよな」

 と独りごちると部屋の扉を少しだけ開けて廊下を確認する

「やっぱり持って来てねーじゃねえか!使えないヤツだ!」

 そう吠えるとドスン!ドスン!とまるで癇癪を起こしたかのように階下に向けて激しい足音を立てる
 その巨漢のスタンピングによって家全体が地震でも起きたかのように揺れると、慌てて階段から人が上がってくる気配がする

「遅くなってごめんなさい。達也……ご飯ここに置いておくから……」

 カチャリと食器の音が聞こえ、その後パタパタと階段を降りていくであろうスリッパの音が徐々に遠ざかっていく

「チッ……おせーんだよクソババア」

 そう悪態を吐き、扉を開けて食事をPCの前に運んで、それらを咀嚼しながらさっき撮ったダメージ検証動画をアップロードすると、日課の掲示板徘徊へと移る

「どれどれ……」

 そこにはファルクエの中で起きた色々な事を報告したり、検証したり、たまに怒鳴り合ったりといつものように賑わっている

 そして食事をしつつ眺めていると、一つ気になるコメントを発見した


712:最近スライム狩って大ダメージ叩いてる動画見て俺もやってみたんだが、あんな低ダメージでよく動画アップ出来るなと思った訳よ
 これ俺が試しに撮ったダメージ動画ね


 とご丁寧にURLが貼り付けてあった

「あぁ?なんなんだコイツ!俺ほどにこのゲームをやり込んでるヤツなんて居ねーって言うのに!掲示板だからってイキってんじゃねーぞ!」

 怒りもあらわにキーボードを叩く

720:>>712 テメーあのダメージ超えてるとかハッタリかますんじゃねーぞksg

721:本人降臨キターーー!

722:>>720 動画見てこいよwww

723:>>722 ヤメてやれよw泣いちゃうだろw

724:>>720 発狂動画アップ不可避www

 流れるコメントを見て思わずキーボードを勢い良く床へと投げ捨てる

「んだと!こいつらぁぁぁぁ!」

 そこまで言うなら釣られてやんぞ!とURLをクリックして動画サイトへ飛び……

「うそ……だろ……」

 巨漢は衝撃に打ち震えることになった
 そこには確かに自分よりもダメージを叩き出している動画があった。しかもその数値は何回も、何回も……乱数である程度誤差はあるが、その全てが自分のキャラクターよりも上のダメージを叩いているのだ

 彼はその動画を見ている内に、最初こそ「嘘だ!チートだ!」と叫んでいたが、彼の眼差しは徐々に熱を帯び、動画のキャラクターの一挙手一投足を目で追って確認する

 そうして次第に浮かび上がってくる使用しているスキルとその使用順

 脳内でトレースすること数巡……これなら俺にも出来ると思い立ったが吉日とゲームを立ち上げると急いでログイン

「あんな無名のキャラクターがやってるんだ!超有名でカッコイイ俺様(キャラクター)が、出来ない道理がない!」

 そう吠えると投げ捨てたキーボードを拾い上げ、その検証はまる一日もかけて行われた……

「デュフフ……ついに……ついにヤッてやったぜ!どうだ参ったか!ついでにダメージ数値も超えてやったぞ!悔しいか?!悔しいだろう?!デュフ!デュフフフ……ふぅ」

 徹夜明けのテンションで叫びまくった彼は、そのまま力尽きたかのようにテーブルへと顔を伏せた


更新日:2017-04-17 04:23:35

ツンロリ女神のご褒美~スライムになった俺が勇者を倒すまで~