• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 7 ページ

last dance

すべては
終わりがあるからこそ美しい

私だって
25~26の時はお人形のように美しかった

あくまでも
今から振り返って、のお話だけれど。

オーダーメイドの靴のように
ぴったりな人と出会って
それが心地よくて

障害があればあるほど必死になって
完璧な奥さんより愛されていることが嬉しくて。

でも

もう愛せないのは

すべてが
なくなったから

last danceは
あれがそうだったのだと
あとから気づくもの

意識してするパフォーマンスではない


指先ひとつで・・・消えてしまう愛。

更新日:2017-04-30 20:43:30