• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 28 ページ
いかにも東北と言った風情で初めての訪問であるのに気さくに優しく接してくれる。

積もる話で聞くところ、庄衛は出稼ぎにはもう行かないという。
思い切ってハウスに投資してハウス栽培を手掛けたのだ。

善吉と庄衛の出会いは善吉の実習と庄衛の出稼ぎの偶然の一致から生まれた。
それがお互いの運命の出会いであったのかもしれない。

庄衛の出稼ぎからの転身はもう善吉との出会いの職場が無くなったこともきっかけであった。

更新日:2017-03-11 15:53:26