• 41 / 313 ページ

《コンテストダブルバトル3》

アイリスの後に

「! ケンゴ」
「カスミ、当たったか」
「ええ、ケンゴとは、バトル初めてよね?」
「ああ、しかも、オレの得意分野だ」
「どうかしらね? それはしてみないことには、なんとも言えないんじゃないの? あたし、これでも、そこそこやる方よ?」
「んな事知ってるよ、でも・・・コーディネーターとしての経験者としてのプライドに掛けて、そう簡単に負かされるわけにはいかない、先に進ませないぜ? オレが、先に進むんだ、お前を倒してな」
「それは、あたしも同じよ、ハルカやヒカリ、ノゾミ、アイリス、ベルと戦いたいもの、そう簡単に負けたりしないんだから」
「・・・」

強気の瞳、何にも揺るぐことのない
油断もしない、見縊るような事もない

水タイプ専門のジムリーダーだ
そう簡単に行かないと知っている

「負けね、絶対に・・・」

ケンゴの瞳も、気合が篭る

バトル・・・開始!!

「行くぜ! キノガッサ、フーディン!」
「キノガッサ!」
「フーディン!」

「行くわよ! マイステディ、スターミー、サニーゴ!」
「ファン!」
「サニー!」

「キノガッサ! 速攻だ、マッハパンチ!! フーディン、瞑想!」
「スターミー、硬くなるよ!! サニーゴ、トゲキャノン!!」

「キノガッサ、エナジーボール! フーディン、気合玉!」

「スターミー、ミラータイプからスピードスターよ! サニーゴは、バブル光線からロックブラストよ!!」

「キノガッサ、そのスピードスターを使え! 毒突きだ! フーディンは、サイコキネシスから電撃波!!」

「スターミー、ジャイロボールで受け切りなさい!! 10万ボルトよ!!
サニーゴ、ミラーコートよ!!」

激しい攻防戦に、周りの観客達は、ヒートアップして居た

カスミも、ケンゴも、一歩も引かず

「フーディン、気合玉だ! キノガッサそれバネにして、マッハパンチだ!!」

「スターミー、受け切って!! サニーゴ、体当たりよ!!」

「フーディン、雷パンチだ!!」

「! サニーゴ! スターミー、ハイドロポンプよ!!」
「キノガッサ、切り裂け!! アイアンテールだ!!」

「! 負けないで!! スターミー! スピードスター!!」

「フーディン、サイコキネシスだ! キノガッサ、決めろ!! マッハパンチだ!!」

「!! 負けないで!! 10万ボルト! サニーゴ、トゲキャノン!!」

「キノガッサ! フーディン、気合玉!!」

「スターミー、ハイドロポンプよ! サニーゴそのハイドロポンプに入りなさい! いけー! 体当たり!!」

「何!? フーディン!! キノガッサ!?」

ハイドロポンプを利用した体当たりは、勢いが良く、フーディンにぶち当たれば、キノガッサを巻き添えにして、地面に叩きつけられた

目を回す、フーディンとキノガッサに、ケンゴは呆然としてしまった

「は、反則だろう今の!?」

「へへ、販促じゃなわよ〜、何がなんでも諦めたくなかったんだもの、負けそうと思っても、最後の最後まで根性をみせるのみ、今のは、旅してた時に、とあるトラブルにあってね? ああやって建物の中に入ったのを思い出したのよ、んで、サニーゴは水タイプ、イケると思ったのよ、焦ったけど閃いちゃったんだもん、使わない手はないわ」(*映画エンテイにての一幕にて閃いたのでした)

「はっ、成る程ね・・・ちっ、もうちょっとだと思えば・・・最後の最後で気を緩めたな、悔しい」
「何言ってんのよ、途中本当に焦ったわよ、サイコキネシスとスピードスターの組み合わせ、ヒカリ? それに、水を切り裂くのも、サトシの奴よね? ケンゴも、大分油断出来ない奴になったもんね・・・」
「周りに影響されない訳無いだろう、コンテストを応用出来そうな奴利用しない訳が無いだろう」
「まあね? まぁ、それはともかく、いいバトルをありがとう、ケンゴ」
「・・・オレに勝ったんだ、簡単に負けんなよ?」
「勿論、そのつもりよ、最後の最後まで、諦めないわ」
「ああ」

ケンゴと握手をしあい

カスミは次へ向かう


続く

更新日:2017-05-15 18:37:21

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook