• 2 / 3 ページ

ケルベロスサーガ 神・恵介の章・上

挿絵 270*360

───???───

Julius「よぉ、遊びに来たぜゲシュペンスト!」
飄々とした声、一見チャラチャラしてそうな金髪の男の名はJulius Weisheit(ユリウス・ヴァイスハイト)。
この国でただ一人の客員剣士である。

Gespenst「おや、いいところに来ましたねユリウス君」
透き通るような声をした彼女の名はGespenst Flamberg(ゲシュペンスト・フランベルク)。詩人を自称しているが、実際彼女が何者で何を生業としているのかは友人であるJuliusも知らないという。

Gespenst「先ほど倉庫の掃除をしていたら、昔に私が書いた異国の物語の本が出てきましてね。どこの出版社にも使ってもらえず未発表の物でしたが、読んでみますか?」
Gespenstは木箱の中から一冊の本を取りだし微笑む

Julius「うっひょぉ!マジか!?ゲシュペンストの未発表の本、レアだぜ!」
目を輝かせJuliusは身を乗り出す

Gespenst「じゃあいつものように読み聞かせてあげましょう、そこのあなたもどうぞ聞いていってください」
Gespenstは本を開き朗読を始めるのだった。


━━━ケルベロスサーガ 神・恵介の章━━━

═════════════════════════════════════════════════

───神・恵介 神界にて───

王宮が騒がしい…。
これと言うのも最近地上の人間達が戦争を起こし必要以上に命を散らせていくお陰で、仕事が溜まりに溜まって私達の手でけじゃ足りないという状況になっているからだ。
主神というのも楽じゃない…
そもそも何故私の様な者が主神などという座に君臨してるのか…
それには少し時間を遡る必要がある。

私が生れたのはこの世界が誕生するより少し前、稲荷神の母とオラトリオの父との間で生まれた。世界すら誕生してないのに稲荷神とオラトリオの間に生まれたというのも変な話だが、我々はそもそもこの世界の住人じゃない。数多の世界を管理する管理者、それが我々……そう、君達人間が神と呼ぶものだよ。
世界が一つ生まれるごとに管理者にはその世界の統治権が与えられる。
私の一族達はこの世界の統治を任された。
そこで生まれたのがこの私さ。
私には生まれた時から全種族の血が流れていたらしくてね、主神に任命されたのもそれが理由だ。
私が10歳になってから半ば強制的に主神の椅子に座らせられた。
そして主神の座についてから3年がたった……

恵介「ってやってられるかぁ!天照、後はお前に任すわ!」

天照「ええ!?こ、困ります主天様!それに私の様な者にこのような大役…」

恵介「うるさいなぁ、私はこの世界を放浪してる方が気楽なんだよ!正直主神は飽きた、だからあとは天照に任せる!」
そう、たった3年で私は主神の座から降りた。
飽きたというのも本音、地上でのんびり旅をしつつサバイバル生活をするというのが私には性に合っていたのだ。
そのせいもあってか、いつしか私は『放浪の神』と呼ばれるようになった。
ただし、定期的に行われる神族会議には必ず参加するようにはしていた。


───神・恵介 地界 忘却の洞窟にて───

それから1年経ち私が14歳になった頃、洞窟探査をしていたらゼノリウムと呼ばれる特殊な鉱石を見つけた。
このゼノリウムは同じ物質を使う事でしか破壊することができないという特質を持っているらしく、私はこれで武器を作ることにした。
そして出来たのが深い紫色の光を放つ刀、名をXenogears-fox-(ゼノギアスフォックス)と名付けた。
この刀にそう名をつけたのにはある理由がある、実はこの刀には意志が宿っている。
波長さえ合えば対話も可能だ、この刀に宿っているのは狐の意思だった。
だからfoxの名を授けた。
それからはこいつは私になくてはならない相棒となった。


───神・恵介 地界 黒月の森にて───

そして15歳になり、いつも通りサバイバルをしていると携帯が鳴った。
見るとツイッターにセト神がログインしていた。
セト『うな丼なう!』
意味が分からない…。
そしてすぐにうな丼の写真をアップしてきた。
飯テロか!
どうもセト君は昔からどうでもいいことをつぶやくのが好きらしい。
まあ面白いからいいのだが、神族会議には一切顔を出さず全て弟のオシリスに任せてるあたり完璧自宅警備の人だ。
そのうち自宅警備の神とかいらん称号つけられるぞセト君……。
毎回居酒屋でオシリスの愚痴を聞く私の身にもなってほしい。
聞くところによると最近中国の白虎が遊びに来てよくつるんでるらしい。
彼の悪名は私の耳にもよく入ってくる、何でも悪戯好きで自由奔放らしく、神族会議にも参加しないことで海永(青龍)が頭を抱えてるという。
なんとも愉快な虎がいたものだ、そのうち会ってみるのもいいだろう。
そういえば今日はその神族会議の日じゃなかっただろうか、そろそろ神界へ赴くとしよう。

更新日:2017-05-19 12:42:31

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

ケルベロスブレイドオリジナル外伝 ケルベロスサーガ