• 2 / 9 ページ

僕のキモチワルサを知ってくれ・・・

ここからは不快な話をさせて頂きます。

僕、夏場でも風呂に三日、四日入らない事、ざらなんです。
過去には、夏場に、一週間以上も入らない事もありました。

そして匂って(におって)ます。
自分の脇(わき)を・・・。
汗の匂いを・・・。
いわゆる匂いフェチと言うやつでしょう。
臭い(くさい)匂いが好きなんです。
認めましょぉおう!

しかし元来(がんらい)、動物である人間も、自己確認のため、自分の匂いを確認すると、どこかで聞いた様な覚えがあるのですが・・・。

さらに言えば、もう今では飽きてやっていないのですが、昔はへその穴の中の匂いも確認していました。
人差し指をへその穴の中へとねじ込み、その空間の匂いを指に付けるのです!

そして匂います・・・。
堪能(たんのう)します・・・。
人間の排泄物(はいせつぶつ)のにおいががします!

「?」

不思議に思われませんか?
何故、人間の排泄物の匂いを知っているのか?

そうです!
匂った事があるんですねぇ~!
人間の排泄物を!
どうです?
分かって頂けたでしょうか?
僕の醜さ(みにくさ)を・・・キモチワルサを・・・。

僕が普通の人が嫌う様な事を言うのには、一つの意図があります。

自分を悪く見せたいんですよね。
不思議でしょう?

不思議に思った方も、不思議に思われなかった方も、どうぞ聞いて下さい。

変わり者の独り言が、はじまりますよ!

更新日:2016-07-27 10:44:55

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

変わり者であると言う事に喜びを感じる僕と言う人間について