官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 16 / 70 ページ

愛の日々-2-

-1-

落合佳織、大学二年生、二十歳です。
今日は、好きな先輩、大野健一のアトリエへ行く日です。
健一は大学院にいて経済のお勉強をしながら、絵を画いているんです。
佳織は大学生になったころ、健一とめぐりあい、関係しました。
それから、およそ一年、健一とはセックスフレンド、それ以上の関係です。
大きなガラス張りの窓、絵を画くアトリエ、お父様の持ち物ですけど。
健一は、佳織をモデルにして、絵を描く、それも裸体、えろす画です。
「はぁああ、せんぱいぃ、うち、すきにしてくださいぃ」
佳織ったら、健一にされちゃうセックスの技法に、のめりこんでいます。
「ふうん、佳織、あの絵巻物みたいなの、描きたい」
健一にそう言われちゃうと、佳織、源氏物語を思い出します。

佳織がアトリエにやってきたのは、午後三時過ぎです。
学校の講義が終わって、駆けつけてきたんです。
アトリエは大きなお部屋、そのそばに小さなお部屋もあります。
小さなお部屋の名前は、恥恥部屋、へんな名前ですけど、はぢはぢべや。
ええ、女の子が、恥ずかしい、恥ずかしい、気持ちになっちゃうお部屋。
四畳半の畳敷きのお部屋です。
じつわ、健一と佳織のセックスは、この恥恥部屋で、執り行われます。
いろいろなお道具が、仕掛けてあるんです、恥恥部屋。
50インチハイビジョン、おおきなテレビモニターがあって、ビデオカメラ。
芸術作品、女の子診察台、それにお道具小物類が収められたトランク。

恥恥部屋に一歩足を踏み入れると、佳織、ドキドキ、心臓が高鳴ります。
だって、ここでめっちゃいい気持になっていくんですもの、ドキドキ。
「ほんなら、佳織、服、脱いでおくれよ、見ていてやるから」
大学院生の健一が、短パンスパッツ姿の佳織に、いいます。
でも、佳織、そんなん、男子の見てる前で、服を脱ぐなんてでけへんです。
「だからぁ、佳織ぃ、脱いじゃえよ、ほらぁ」
「あああん、だめよぉ、あっちいっててよぉ」
お洋服、抱きしめられて、剥ぎとられるより、羞恥です。
「あああん、そんなの、あかんですぅ」
お洋服を脱がないから、佳織、お仕置きされます。
手拭いで手首を合わせて括られて、頭上のフックに留められます。
天井には滑車が降ろされていて、そこを通った紐の先がフックなの。

-2-

恥恥部屋でお仕置きを受けちゃう二十歳の佳織。
手首が括られて頭のうえに持ちあがった格好です。
パンティのうえにスパッツ穿いてミニスカート姿の大学二年生佳織。
胸にはもちろんブラをつけていて、カットソーとシャツ姿です。
手を上げちゃうとお膝が曲げられないことに気がついた佳織。
目の前に先輩の健一が立っていて、佳織、頭ン先から足元まで見られちゃう。
「ふうん、ふうん、佳織って、めっちゃ、可愛いいんやからぁ」
「ああん、せんぱいぃ、だめですよぉ、こんなのにしちゃぁ」
健一は、佳織の後ろへまわって、後ろから抱いてきます。
「ええ匂いしてるんや、佳織、とっても甘い匂いやねぇ」
軽く後ろから抱かれ、クンクンと、髪の毛にお顔を近づけられてるんです。

佳織の1m目の前には、縦150cm幅45cmの鏡が立てられています。
佳織の姿、頭の先から爪先まで、全身が映ります。
「ふうん、お仕置き、佳織、どうしてあげようかなぁ」
お洋服を、自分で脱がなかったからということで、お仕置きされちゃうの。
「ああん、せんぱいの、すきにしてくだされば、いいですぅ」
小さなお声で、佳織、目の前の鏡から視線をそらせて、いいます。
「ふううん、好きなようにしてもいい、ってゆうんやね、佳織」
「はぁあ、ああっ」
佳織、もう、ぽ~っとなって、お声がうわづってしまいます。
「ふううん、佳織は、どんなんされるのが、好きあんかなぁ」
健一ったら、佳織をうしろから抱いて、首筋にキッスしてきます。

後ろから前へまわされた健一のお腕、手の平が佳織の胸へ当てられます。
「あああん、せんぱいぃ、こそばい、こそばいですぅ」
ちゅっ、ちゅっ、健一が佳織の首筋から耳元へ、キッスする音。
佳織は、軽くおからだくねらせて、こそばさから逃れようとするんです。
「ええ匂いやぁ、佳織ぃ、可愛いいねぇ」
大学院に通ってる先輩の健一が、佳織の匂いを嗅いでいきます。
そうして、佳織、まづ、脱がされちゃうのは、ミニスカート。
ジーンズ地のミニスカートなんですけど、脱がされちゃうと、スパッツ姿。
シャツとカットソーを胸元までめくりあげられちゃう佳織。
「そうだね、うえは、脱いじゃおうかねぇ」
シャツとカットソーが、頭から抜かれてしまって、手首にまとまります。

更新日:2016-07-20 14:30:18

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook