官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 7 / 11 ページ

理事長室

理事長室の前の廊下で、渡先生と水野先生が自分たちの受け持つ女子児童2人を捕まえフェラチオさせている間。
花岡理事長は、その理事長室の中で自分が可愛がっている2年生の女児3人を呼んで楽しんでいた。
理事長室のソファに座る理事長の足の間には、ミナコが乗り左右にハルとアミが乗る。
3人の女児たちは、花岡理事長に抱き付いている。
理事長は、鼻の下を伸ばして3人の女児たちのスカートを捲り上げた。

「リジチョー、ミナコにチューしてぇ~」

「ああ、ミナコちゃん可愛いよ・・チュッチュッ・・」

チュッ、チュッと理事長とミナコは、可愛いついばむキスをする。

「アミにもチューして」

「ん~・・アミちゃんも・・チュッ」

「ハルにも~・・・」

「ハルちゃんにも・・チュッ・・」

交互に理事長は、可愛い3人の2年生の女の子たちにキスをする。

「今日も理事長と気持ちいいことしようか?」

「うんっ!」

「は~い!」

ハナは、理事長の股間の硬くなり出した膨らみを撫でた。
ミナコとアミは、何も穿いてない下半身を制服のスカートを持ち上げて理事長に見せる。

「ああ、可愛いよ3人とも・・・」

理事長の息も上がって来た。


ミナコ、アミ、ハナの3人は、花岡理事長が入学当初から目を付けていた子たちだ。
2年生になってすぐに、花岡は理事長室に3人を呼び少しずつ自らの手で、セックス教育を施していた。
だから他の同じ2年生の女児よりも、早く経験をしている。


理事長は、ミナコの柔らかい無毛の股間の割れ目に、指を入れて撫でまわした。

「・・ああぁん・・」

ミナコは、くすぐったそうに笑う。
もうミナコの割れ目が濡れていた。

「今日は何して遊ぶの?」

「いっぱい気持ちよくして~」

「ほっほっ・・3人ともとっても可愛いからどうやって気持ちよくしてあげようか迷ってしまうよ・・・」

3人の女児たちは、柔らかそうな桃まんを前に差しだして早く触ってというように並んでいて理事長は、どれから味見しようかとミナコの割れ目を弄って濡れた指を動かす。

「そうだねえ・・ミナコちゃんは、おとといお尻で気持ちよくなるようになったから、この可愛いお尻がもっと感じるようにしてあげるよ・・」

理事長は、ミナコを自分の胸に抱きクイっと突き上げたミナコのお尻に手をやった。
お尻の割れ目から覗く小さなアナルの窄まりに、理事長は人差し指をクニュクニュと弄くりまわす。

「あああぁ・・んっ・・」

「・・おおぉ・・柔らかい穴がヒクヒクしてるよ・・」

理事長は、ミナコのアナルを指で刺激した。

「ハルちゃんとアミちゃんは、桃まんのコッチがいいかな?」

ハルとアミは、理事長室のソファの前にある大きなテーブルに並んで座り、両足を左右に開く。
そして2人の柔らかい割れ目の桃まんを、指でムニュムニュ・クリクリと弄る。

「あんああぁ~んっ・・くすぐった~い・・」

「ああぁぁ・・はあ~・・」

ハルとアミが笑いながらも、気持ちよくて喘ぐ。

「アミちゃんはこの辺が好きだね・・」

「ああぁ~・・ああぁぁぁんっ・・」

アミの桃まんの割れ目の上の方のクリトリスを、指先で理事長は回すように弄る。

「ハルちゃんは、ちょっと内側がいいんだよね・・」

「うん・・ああぁぁ~んそこぉ~・・」

ハルの桃まんの割れ目の下の方の、アヌスの入り口辺りを指で刺激した。

「ミナコちゃんは、お尻に入れる理事長のおちんちんを、ミナコちゃんの手で大きくしてくれるかな?」

「うん・・」

そう言って理事長のズボンのファスナーから、ペニスを引っ張り出しすでに勃起してる理事長のペニスを、小さな小さな手で上下に擦る。

「ああぁ・・2人の桃まんからぬるぬるのお汁出てきたよ・・エッチな子たちだねぇ・・はあ・・」

花岡理事長は、自ら快感を欲しがり喘ぐ幼い少女たちの姿に、堪らなく興奮する。

「さあ、そろそろ理事長の指入れてあげようね・・ほっほっほっ・・」

そう言って理事長は、ハルとアミの割れ目の奥に潜む小さなアヌスに人差し指を入れていった。


来年には、この幼い穴に理事長と教師たちの大きなペニスを入れて、マ〇コ姦通が行われる。
その姦通式前から花岡理事長は、我慢できずにお気に入りの女児たちをこの理事長室で、指を使って慣らしていた。

両手の人差し指を、同時に入れてクチュクチュと動かした。

「ふっ・・あああぁっダメ~ああぁぁっヘンになっちゃう~・・」

「んん~・・ああぁっアミも・・ああぁぁんダメぇ~・・」

自ら両膝の裏を持って開き、理事長が指で弄りやすいようにする。
身体をアミとハルは、震わせて理事長の指で刺激されると身体に電気が、走るような快感に襲われた。

「イキそうなのかな?2人とも、先生に習っただろ?・・ヘンになりそうなときは、なんていうのかな?・・あぁ・・小さな可愛いワレメちゃんからたくさんお汁が出てくるよ」

更新日:2017-11-18 00:43:34

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

淫乱エンジェル学園 (ロリ・R18) R-18