官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 1 / 11 ページ

新任教師

理事長室の外の廊下の壁越しに、あみ・みなこ・はなの3人の喘ぎ声が漏れ聞こえて、それを耳にした教師2人は壁に耳を当てた。

「あ、あの声は、2年2組のあみちゃんの喘ぎ声だ・・あぁ・・堪らん」

スラックスの上から股間を、水野先生は自ら撫でる。

「あ、もうひとりはウチのクラスのみなちゃんだ・・ああ最近みなちゃんをクンニしてなかった可愛いんだよなぁ・・まあ、みんな可愛いんだけど」

渡が言った。

「当たり前だろ。入試面接は花岡理事長直々にやってるんだから。理事長は可愛い子しか入学させないんだよ」

「そうなんですか?どうりでみんな可愛いわけだ・・・」

そんな時、水野と渡のクラスの2年1組のひなことゆかが近づいてきた。
2人とも体操着を着ている。

「ひなちゃん、ゆかちゃん。先生たちのおちんちんフェラしてくれないか?」

「でも、これから体育の授業ですよ」

「大丈夫だよ。先生が行かなきゃ授業も始まらないんだから・・セックス授業の時は、先生の言うことは絶対だろ?」

「は~い」


1年前。
渡は前の小学校で、幼い女児にイタズラして女児が親に言いつけたことで発覚してしまった。
おとなしいタイプの女の子だったから、親には言えないだろうと思い手を出したのがマズかった。
PTAからは責められ校長からも、教頭からも見捨てられて警察に逮捕された。

2年後、懲役を終え釈放された。
前科者の人生のやり直しは、なかなかうまくいかず渡が気落ちしていたところに、「エンジェル学園」の理事長と名乗る人から電話があった。
ぜひともウチのエンジェル学園で教師をやらないかと誘われた。

「でも、私は以前の学校で・・・」

「分かっています。女子児童にわいせつ行為をして懲戒処分されたことは」

「じゃあなぜ?」

「一度ウチの学園に来てくだされば分かりますよ」

そう言われ、渡もまた教師の仕事が出来るならばと思い、某〇県の山奥にあるエンジェル学園へと向かった。

人生のやりやり直しだ。

今度はどんなに可愛い女子児童がいても、手を出したりしないぞ!!
そう反省して心機一転頑張るつもりだった。


エンジェル学園の高い柵で出来た頑丈な門扉の横に、インターフォンがありボタンを押してしばらく待ってると、中年の男性が門を開けてくれた。

「渡先生ですか?電話をした理事長の花岡です。どうぞ入ってください待ってましたよ」

「あ、ありがとうございます。こんな私を呼んでくださって」

「いえいえ、ウチの学園なら渡先生も、気にいってくれると思いますよ」

花岡理事長に促され、広い校庭を歩き学園の中に入った。
室内履きのスリッパに履き替え、理事長の後に付いて学園内を歩き出した。

すると小さな女の子の、可愛い泣くような声が聞こえてくる。

「おぉ、佐々木先生。休み時間を有効に使ってセックス授業ですか?」

前を歩く理事長の言葉に耳を疑い渡は、理事長の後ろから顔を覗かせた。

「わっ!・・・えっ!?・・」

「ううぅっ・・あっ・・理事長・・お疲れ様です・・ううぅぅ・・」

「あっあっあっ・・ダメ・・ダメなの~・・先生のおちんちん気持ちよくて・・・なつみイッちゃう~~・・」

「ああぁっ・・先生もなつみちゃんの中にいっぱい出しちゃうからね」

渡は自分の目を疑った。
目の前で繰り広げられている光景から、目が離せない。
学園内の廊下で、教師と見るからに低学年の女子児童とセックスをしていた。
それを周りに児童や、教師たちは気にせず歩いている。

「ふふ・・なつみちゃんも先生のおちんちんで、たくさん気持ちよくしてもらいなさい・・・」

理事長は、なつみという女の子の児童の頭を撫でしかも、その子とキスをした。
理事長が口から出した長い舌に、幼い少女が自分の舌を出して絡める。

その2人だけではない。
佐々木先生となつみの少し離れた向こうでは、メタボ腹の中年教師と低学年の女子児童とがキスをしていた。
しかもベロチューしてその後女児が、その教師のズボンを下ろして中からデカくて太いペニスを、口の中に入れてむしゃぶりつく。

「あ、・・あの・・これは・・一体・・」

渡は目の前で、教師と女児がセックスしているのを見て生つばを飲み込む。

「見ての通り、私が設立したエンジェル学園では勉強はもちろんしっかりやりながら、セックス授業も行っているんです」

理事長は笑顔でそう言いながら廊下を歩いていく。
その間もあちらこちらの廊下、階段や踊り場でも教師と女子児童たちがセックスをしている所に遭遇した。
いったい今、この学園では何が起きているのか・・夢?・・そうだよ夢だよな・・

そう思いながら自分の頬をつねった。
だが、ただ激痛が頬に走っただけでこれは、夢ではないとようやく実感する。

そして渡は理事長室に案内された。

「どうですか?これで私が、あなたをこの学園に呼んだことを理解してもらえましたか?」

更新日:2016-09-24 23:59:59

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

淫乱エンジェル学園 (ロリ・R18) R-18