• 4 / 23 ページ

“麺”を育てたトレーナーにインタビュー

さて、“麺”をチャレンジャーとして挑戦させたトレーナーにインタビューをしています。


彼は、わたくし、ハクション中西が以前いたお笑い事務所の舞台監督であり、僕とは同期のM君です。


試合前。


ハクション中西「今のお気持ちは?」
「麦と面を組み合わせたらこんなにも排水溝陰毛に近付くのは、皆にご理解頂けると思います。絶対に勝ちます!」




試合後。

ハクション中西「80%を“轢”が獲得、20%を“麺”が獲得しました。大差の判定負けになりましたが、今のお気持ちはどうですか?」
M「自信をもってエントリーさせて頂いたのですが、まさかこんなに差がつくとは。これが民意なのだと真摯に受け止めまた新たに邁進していきます。投票して下さった皆様、ありがとうございました」

ハクション中西「スマップ解散というネットニュースとかぶってしまい、盛り上がらなかった感じもありましたが、そのことに関して想いは?」
M「いえ、見てくださった方は見てくださったと思いますので、その辺は特に思うようなことはありません」
ハクション中西「なるほど。“麺”という漢字を陰毛扱いしたことにおける苦情が、東京新宿西口駅前の麺屋おけけの大将から来ていますが、何か言いたいことはありますか?」
M「恐らく大将は排水溝の陰毛をしっかりとご覧になったことがないのではないでしょうか!?

私は自分の選択に自信をもっておりますので、今回の麺については取り下げるつもりはありません。

一度おけけの麺を食べてみたいなぁとは思います」
ハクション中西「おけけの麺は陰毛を使用しているので、好き嫌いが分かれる味だそうです。また食べにきてくださいとのことです。では、Mさん、ありがとうございました」
M「ありがとうございました」

更新日:2016-01-13 20:20:44

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

陰毛っぽい漢字を決めよう(毛シリーズ第一弾)