• 12 / 23 ページ
オンナと付き合わなくなった俺を、まーくんは不思議がった。
そして俺とずっと一緒にいるようになった。

「ニノに彼女が出来るまで、俺が遊んでやるよ」

笑いながらそんな事を言うまーくん。

まーくん、おまえが好きなんだよ……。

言えなかった。
太陽のように光を浴びるまーくんに。
俺の事を親友だと思ってる、こいつに。
俺はその感情を押し殺した。

今はまだ、友達のままで……。

更新日:2015-10-17 20:48:29

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

ディスコスターさまの付き人の秘め事