• 1 / 116 ページ

プロローグ

その時、トマトは爆発した。それは一体、どんな音だったのだろうか。すべてがはじまるような音と表現するものもいた。あるいはすべてが終わる音と表現するものもいた。馬の悲鳴のようだとも、あるいは、音なんてしなかったという者もいた。

この宇宙が始まるとき、ビッグバンの時、果たして音はしたのであろうか。血のように赤い、このトマトのビッグバンがすべてのはじまりになるとは、この時、誰も知らなかった。

更新日:2015-05-04 13:14:01

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

ベロにちょっとだけあててからかける男