• 13 / 27 ページ

カラーひよこ

年がばれるのでなんだが・・・・


大昔、小学校の帰り道には何やかやと行商のような

怪しげなお店がよく来ていた。

針金を器用に折り曲げ、グルグル巻いてゴム鉄砲とか、

竹ひご←竹の極細に裂いたやつね・・・

を器用に折り曲げたり、グルグル巻いて乗り物や、生き物とか、


その中でも忘れられないのが

「カラーひよこ」


ピンク、緑、黒、虎模様、紫・・・・みんなニワトリだと言う。


そのピンクの可愛いヒヨコが欲しくて、欲しくて

母親におねだりするが、いつも「絶対だめ!」 のきついお叱り。


とある日、ひよこ売りのオッチャンに

「これって、卵産む?」 と聴いたら

オッチャン、 「生む生む、雌だから卵毎日生むよん。」

と言われ、母に報告した。

卵が苦手な私が、産んだ卵は自分で食べる・・・・と言う

変な条件付きで、母もしぶしぶ承諾。


で、ためていたお年玉から500円(当時では高額)を握りしめ

もうダッシュで買いに行った。


そして、ショッキングピンクのひよこは「ぴよちゃん」と名付けられ、

家族の一員となった。


このぴよちゃん。10日ほどでピンクが桜色になり、頭の毛が立ってきた。

それでも可愛いぴよちゃんは、「ぴよちゃん」と呼ぶと

「ぴー」と鳴くほど懐き、家族の人気者だった。

そしてまた10日ほどたつと、ふわふわの毛が抜け始め

「バリっ!」とした堅そうな、真っ白な毛が生えてきた。

その頃には、嫌な予感を漂わせ、頭にまっかっかなモヒカンが立ってきた。

家族みんなは、「こいつ、ぴよちゃんじゃなくて、ぴよ男?」

という疑問を持ったが、なるべくその事に触れまい触れまいとしていたように思う。

そして、家族記念日から2か月もたったころ

立派で真っ白い、雄の「ぴよ男!」が出来上がった。


勿論・・・・私の卵嫌いは、今だ克服できていない。

更新日:2015-05-21 19:53:43

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

犬の散歩~気の向くまま、つれづれに~