• 2 / 4 ページ

ペンギン、ウサギ、カメレオン

ペンギンはウサギにいった。もっと寒いところがいいと。ウサギはペンギンにいったもっと友達が欲しいと。ペンギンはウサギにいった好きで群れてるんじゃない寒さをしのぐためだ!と。ウサギはペンギンに噛みつく。しかし、ペンギンはツルツルしていて平らでアゴが小さいウサギはまともに噛むことを諦める。それを、見ていたカメレオンは言う。のそのそとウサギとペンギンに近づいてきながら。ペンギンさん逆にしましょ。ウサギさん怖がらないで。カメレオンはさらに近づいて来ていう。もうそうじゃないですよ。もっと近づいて。そして、ウサギとペンギンは肩を寄せ合う。カメレオンはそれをみて満足気に舌の色を変えてみせた。カメレオンさんすごい!カメレオンは目を丸くしてこっちを見ている。ここは遊園地、話はおしまい。めでたしめでたし。

更新日:2015-03-05 03:25:24

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook