• 1 / 6 ページ

重箱の隅をつつくようですが(2015 4/27)

NARUTOが終わっても、マダラがあんな退場の仕方をしても、やっぱりマダラ様が一番好きなので、常に重箱の隅をつつくようにマダラ様補給をしております。
最近はねこあつめに夢中になっている管理人です。
パート先の猫好きさんにも、子どもにも勧めて一緒にやってます。
猫の名前を創成期メンバーやイタサスの名前の派生にした、と前回書きましたが、とうとう尽きてきました。
通常の「マダラ」、「イズナ」などの名前に加え、
「イズニャン」「マダニャン」「はしりゃま」「インドリャ」「まだらりん」「ミャダラさん」「カガミン」「マダラン」「イタにゃん」「にゃんマダ」「ちょびらま」「イズニャ」「とびりゃまさん」「はしらみゃ」「しゃしゅけ」、などと付けてきましたが、そろそろ付けようがなくなってきたので「フルフルニィ」や「サスケェ・・・」「きのこ間」等の名前もあります。
もちろん「タジマさん」や仏間さんからもじって付けた名前もあります。
猫達は形や大きさは大体同じの為(明らかに大きい猫もいる)、色や模様の微妙な違いで判断するしかないのですが、名前が似ている為、どれがどれだか未だに覚えられません。
それでも画面を開く度に、遊んでる可愛い猫がこいつは「まだらりん」か~、ああこれは「はしりゃま」か~、と確認すると更にほっこりと癒されます。
名前って大事です。


さて、マダラ補給の為の内田ヴォイス探しも日頃ちょっとした楽しみになっている管理人ですが、この前意外なところで見つけました。
本当に今更なのですが、子どもと共に「24」の最初のシーズンを見たんです。
当時はあんまり見たいと思わなかったのだけれど、長男が見たいと言うのでDVD借りて来て一緒に見ました。
主人公ジャック・バウアーの声は小山力也さんですが、以前ドキドキキャンプというお笑い芸人がジャック演じる小山さんの真似をした為に、見ていてとってもおかしかったです(笑)。
シリアスな場面であればあるほどおかしい。
「ジャックの言い方がドキドキキャンプにそっくりだ!」と、反対に思ってしまいます。
そんな風に楽しく見ておりましたら突然内田ヴォイスが登場いたしました。
確か18時の回だったと思います。
麻薬の売人との取引にジャックの娘キムが巻き込まれるシーン。
その麻薬の売人が内田ヴォイスなのですが、実はこのシーンに「ナンバーズ」でアミタ役を演じていた女優さんがチョイ役で出ていた。
「ナンバーズ」は主人公のFBI捜査官ドン・エプスの声が内田さんだったので、第5シーズンまで全部見ました。
アミタはドンの弟の恋人役だったので「あ!アミタがいる!」と思ってたら内田ヴォイスが聞こえて来て、普段なら「マダラ様!」と大喜びするところなんですが、この麻薬の売人、実は潜入捜査官だった、という展開で、長男共々「ナンバーズだ!」「ドンちゃんだぁ!」と大変盛り上がりました。
マダラ補給でなく、まさかのドン・エプス補給になってしまったのですが、嬉しかったです。
別にドン役のロブ・モロー自体は好きじゃないんですけども、内田さんが演じてると見ていて大変愛しいものがありました。
「24」の潜入捜査官もなかなかイケメンでした。
やっぱりマダラ様声は素敵だな、と思いました。
彼、結局死んじゃうんですけどね。

後、「ナンバーズ」を知らない人には本当にどうでも良い事かもしれませんが、「24」には「ナンバーズ」で有能なスナイパーのエジャートンを演じていた俳優さんも出て来ます。
内田ヴォイスから「ナンバーズ」にはまった方がいましたら、「24」をもう一度チェックしてみると面白いと思います。






更新日:2015-04-27 15:47:07

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook