官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 9 / 163 ページ

六位は見せた

 どうも。鎧鏡家薬司寮(やくしりょう)所属奥方様候補雨花様専属梓の丸中臈三次(さんじ)側仕え第六位……梓の六位です。


 私は、雨花様の専属側仕えであり、薬司寮という、鎧鏡一門に代々受け継がれてきた薬の調合をする集団の一員でもあります。自分では、どっちかというと、薬司寮のほうが本業だと思ってるんですけどね。
薬司は、普通の薬の調合なんかの他に、秘薬と呼ばれるものの調合や開発なんかもするんですよ。私は、その秘薬開発のほうが、性に合ってるというか、好きなんですけどね。これ、確実に、店頭では手に入らない代物ですよ。薬事法違反とか、大丈夫なのかねと思ったこともありましたけど。まぁ、この鎧鏡家に、そんないちゃもん付けられる人が、日本にいるわけないですしね。

 鎧鏡家の家臣で、特に重要なポストに就く者は、小さい頃に、サクヤヒメ様のご宣託が下され、青紙と呼ばれる青い封筒を貰って、鎧鏡家に招集されたという人が多いと思うんですが。私も、七歳になる年だったか、薬司寮の『薬司予備軍』として召集されて、そっから鎧鏡家に住み込んでいるんですよ。
 私が鎧鏡家に来た時、若様はまだ一歳ですよ。可愛かったなぁ。そりゃあもう、ホント天使でしたよ。そんな若様が、あんな薬をお使いになる年になったとはね。感慨深いですよ、ホント。


 若様は、初夜に使う痛み止めをご使用になっただろうあと、秘薬と呼ばれるような物を一切ご所望ではなかったので、たまには使ってみたらいいのにと、密かに思ってはいたんですよね。私は薬司ですし?出来ればそっちで認めてもらいたいですからね。
 それで、若様が修学旅行にお出かけの際、一位様にお伝えしたんですよ。『万が一、旅先で若様が雨花様をご所望の際、お困りになることもあるかもしれませんので、念のための準備はしておいたほうがいいんじゃないんですか?』と……。
 一位様は、雨花様を、それは大事に思っていらっしゃいますのでね。私の言葉に大きく頷いて『頼みます』とおっしゃいました。
 ホント、可愛いんですよ、一位様。すっごい美人だし。
 私は、人肌に温まるとゼリー状になり、挿入を滑らかにする薬に、若干の催淫効果のある薬剤を混ぜ、コンドームと一緒に巾着袋に入れて、一位様に渡しました。
 効用について、一位様には、催淫剤を混ぜたことは黙っていたんですけどね。他はしっかり、使い方なんかもレクチャーしたんですよ?これを指ですくって、尻の穴に塗り込めると、たちまちドロドロの粘液になって、陰茎の挿入がスムーズになりますので、肛門やら腸壁に、過度な負担をかけずに済みます……と。
 一位様は、その薬について、私のような説明を、雨花様にはしづらかったんでしょうね。雨花様にお渡しする時、『緊急時にお開け下さい』とだけおっしゃって。
 ふふっ。ホント、一位様は可愛い方なんだよなぁ。
 あれで雨花様に伝わるのかね?と思っていたのですが、薬司寮の薬物について、若様は全てをご存知ですしね。若様が見れば、何に使うものかはすぐにわかるだろうと思って、私も黙っていたんですよ。私が代わりに、雨花様にご説明差し上げても良かったんですけどね。何と言っても雨花様は、ものすごい照れ屋な方ですから?そんな物だとわかったら、持って行ってもくれないかもしれませんしね。
 結局、若様と雨花様が修学旅行から帰国後、一位様が、私のところに、あの薬の容器が空になっていると、喜んで報告しにいらっしゃったんですけどね。ホント、こういうところがものすごく可愛いんですよ、一位様って。
 しっかし、あれ、ほんの少しで相当ドロッドロになる代物なんですけどね。ほぼ空って……。雨花様の体を思って、必要以上にお使いになったのか、回数をこなしたのか……。鎧鏡家の当主になる方は、小さなうちから、精力のつく食べ物を日々召し上がっていらっしゃいますからね。実際どうかはわかりませんが、きっと相当、精力は強いと思いますよ?あんな涼しい顔をなさった若様でも……。まぁとにかく、お気に召していただいたようで、良かったですよ。これで私の本当の仕事っぷりも、若様におわかりいただけたでしょう。
 何ならまた入れておきましょうか?と、一位様に伝えたところ、二つ返事でそうしてくださいとのことでしたので、容器にたっぷり補充しておきました。一位様って、案外積極的かもしれないなぁ。
 まぁ、そのあと、薬を使用した形跡はないようなんですけどね。使用なさらないのは、どうやら雨花様が、チェストの引き出しの奥に、薬をしまいこんでいるかららしいので、今度、若様にそっと、置き場所をバラしておこうと思っているんですよ。
 私の大好きな、秘薬開発の仕事のほうを、もっとさせていただきたいですからね。

更新日:2014-10-08 22:09:00

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook