官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 2 / 163 ページ

二位は見た

 こんにちは。私、鎧鏡家奥方様候補雨花様専属梓の丸賄方(まかないかた)筆頭側仕え第二位……梓の二位でございます。


 皆様、うちの雨花様を、お可愛らしい方とおっしゃってくださいますが……本当に雨花様は、食べ物の好みからして、お可愛らしい方なんです。
 雨花様が梓の丸に入られるとわかり、私が一番にしたことは、雨花様のお母様である、柴牧家様の奥様、由加里様に、雨花様の食べ物の好みをお伺いすることでした。
 雨花様は、甘い物がお好きで、トマトを生で食すのが苦手。チーズや、乳製品がお好きで、お肉の脂身が苦手。お寿司やお刺身がお好きですが、大トロは苦手。果物は何でもお好き。ご飯は焚きたてでないと本当は嫌らしい。苦手とはいえ、食べられないわけではなく、基本的に好き嫌いはしないように育ててきたつもりですとのお返事でした。
 甘い物や果物がお好きなのは、雨花様の見た目のイメージ通りです。
 色々な面から考えて、好き嫌いはしないに越したことはありません。何より、若様も、好き嫌いを一切おっしゃらない方ですので、奥方様となられるお方も、食事の好き嫌いはなるべくない方が好ましいと、個人的に思っておりました。
 食生活の相性というのは、生涯生活を共にするのであれば、とても大切なことですからね。




 さて。つい先日のことです。
 朝、本丸より、早馬が遣わされました。
 『本日、若様は午後早々、こちらにお渡りになられる』との通達と、若様直々の密書が届けられたのです。その密書は、私宛ての物でした。


「えっ?!私に……ですか?」


 若様から直接ご文をいただくなどということは、使用人として、恐悦至極の出来事です。


「はい。梓の二位様に、しかと届けろとお預かり致しました。」

「……かしこまりました。ご足労様でございます。」


 本丸よりの使者が去ってすぐ、私は、その密書を開けました。若様が、私に直に密書だなど……何のご用事か、全く想像ができません。何か、粗相をしてしまっただろうか?怖々密書を開くと、そこには、達筆な若様の文字で、一文だけしたためられてありました。


『夕餉は熱い物を所望する』


 え?


「……一位様。」

「はい!何が書かれていらっしゃいましたか?」


 隣で、私が密書を開くのを、心配そうに見守ってくださっていた一位様が、待ってましたと言わんばかりに、私に一歩近付かれました。


「あの。これ……。」


 一位様は、密書の内容を確認なさると、『雨花様が登校後、会議を開きましょう』と、拳を握られました。
 ”会議”とは、使用人会議のことを指します。梓の丸の使用人は、必要な際は、必ず集まれるだけ集まって、会議を開きます。必要ない時も、少なくとも週に一度は、会議を開くことにしています。
 それが、うちの一位様のやり方で、梓の丸の使用人の、団結力の源だと思います。


 その日。雨花様がご登校なさってすぐ、梓の丸の中で、一番大きな会議室に、使用人が集まりました。側仕えは、大学の試験があるという八位と、その教育係である九位様以外全員。下働きの者は、お休みの者以外、全員が集まりました。


「集まっていただいたのは、若様より届いた、この密書についてです。」


 一位様が、会議室の前にあるスクリーンに、若様よりいただいた密書をプロジェクターで映し出しました。


「皆には、この文の内容から、今宵の夕餉のメニューは何が良いか、案を出してもらいたいのです。密書でのご依頼ですので、この会議の内容は、一切内密に願います。」


 これだけの人数を集めて話し合う内容かと、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが……私たち家臣にとって、これは大変重要な議題です。


「そうですね。まずは、若様のご真意は、何かということが大切なのではないでしょうか?」

「若様は、なにゆえ、熱い物をご所望なのでしょうか?」

「そこまで寒い時期でもないのに……ですよ?」

「雨花様が冷え性なのを、若様は常日頃気にかけていらっしゃいますよ?それで、ではないでしょうか?」

「あ!温かい物を食したほうが、夜伽に効果的だと聞いたことがあります!」

「夜伽?……では、うなぎか?」

「すっぽんではないですか?」

「すっぽんは、すぐすぐ手に入らないのでは?」

「若様が、そのような下世話な理由で、熱い物を所望するとは、到底思えません!」

「では、やはり……雨花様を思ってのことでしょうか?」

「どんな理由であれ、カバー出来るような物がいいんじゃないですか?」

「薬膳鍋など、いかがでしょうか?」

「おお!それは良い!冷え性にも、夜伽にも良さそうではないか。」


 そんなこんなな白熱した会議で、紆余曲折あったものの、今夜の夕餉は、薬膳鍋と決定しました。
 それからすぐ、賄い班と呼ばれる料理人チームは、四方八方飛び回り、食材を用立てて参りました。

更新日:2014-10-08 21:03:54

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook