官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 15 / 163 ページ

九位は聞いた

 あ、どうも。梓の九位です。梓の九位というより、深の間(ふかのま)の『酉(とり)』と言った方が、私的には馴染みますがね。
 ああ、深の間というのは、三の丸にある医療施設の名称です。私共、深の間所属の人間は、三の丸の側仕えと混同されがちですが、深の間に所属しているのは、医者か看護師か、何らかの医療行為が出来る資格を持っている者だけです。ああ、ちなみに私は、看護師です。
 どこの屋敷の九位も、深の間所属の人間が兼任することになってまして、御目付役なんていう大層な肩書きを持たされております。御目付役なんて、口うるさいじいさんのイメージがありますがね。実際のところ九位という職業は、候補様と、屋敷の使用人たちの健康管理が主な仕事なもんで、口うるさいどころか、天使ですよ。
 何故か私は、八位の教育係りもやらされることになってますがね。

 さて。ある日のことでした。毎朝の日課である、本丸での若様の健康観察を終えた御台様が、三の丸に戻られたあとのことでした。
 後片付けをしている私に、若様が、『雨花は痩せ過ぎだと噂がたっておるそうだな』と、聞いていらっしゃいました。


「は?」


 何をおっしゃっておいでだか……というのが、つい声と顔に出てしまいました。雨花様が痩せ過ぎなのは、今に始まったことじゃないですからね。
 私が若様の真意をはかりあぐねておりますと、『雨花の身長体重を計測し、痩せ過ぎであれば食事内容を見て参る』と、おっしゃいました。


「はあ。」


 若様は、『明日準備致せ。余が直々に測ってくれよう』と言い残し、朝餉の席に向かって行かれました。


「ふっ……。」


 どうやらこれは、明日ご自分で雨花様の身体測定をなさり、痩せ過ぎを理由に、梓の丸で食事を共になさろうという魂胆のようですね。最近、家臣団が色々とうるさいようですので……。良い口実を見つけたものだ。若様らしい。
 私は、すぐに梓の丸に行き、明日若様が、雨花様の身体測定をすると、一位に伝えました。


「え?!急にどうなさいましたか?雨花様に何か……。」

「いや。若様が、雨花様の身体測定をご所望なだけだ。」

「えっ?!若様が?どうしてでしょう?やはり雨花様に何か……。」


 一位は、雨花様のことになると、途端に頭が四角くなる傾向にあります。


「痩せ過ぎが噂になっていると、若様がおっしゃっておいでだ。」

「えっ?!そのような噂が?!」


 お前が知らない雨花様の噂があるわけないだろうが……と思いましたが、慌てる一位があまりに愛らしいので、黙っていました。


「雨花様が痩せ過ぎでは、どう問題なのでしょうか?」


 一位は、しばらく考え込んだあと、『雨花様が痩せ過ぎなのは私の責任です』と、ガックリ肩を落としました。
 一位のこういう、何でも自分の責任にしたがる自虐的なところが、私は大変気に入っております。
 今しばらく、愛らしい一位の自虐っぷりを見ていたかったのですが、深の間に戻らねばならない時間になってしまいました。


「わざわざ若様が、候補様の身体測定をなさるなど、問題がなければ出来ないことだろうよ。」

「え?」

「お前は、雨花様を太らせることより、明日の若様の昼飯の心配をしておけ。雨花様が痩せ過ぎだからという理由で、ここでご一緒なさるおつもりだろうからな。」


 一位は、『ああ!そういうことでしたか』と、涙目で喜びました。


「それくらい察して差し上げろ。」


 涙の溢れそうな一位の目尻を撫でますと、途端に真っ赤になり、『申し訳ありません』と、顔を背けました。


「はいはい。うちの一位さんをかどわかさないでくださいよ、酉様。今、早く戻れと巳(み)様から連絡入りましたよ。」


 梓の六位が、後ろから私の背中を押しました。


「うちのって何だ?私もその”うち”の一員だろうが。」

「はいはい。そうでしたね。いいから早く戻れですよ。巳様からの連絡を取り次いだ私まで、とばっちり受けるでしょうが。」

「……お前も八位と一緒に教育してやろうか。」

「酉様の愛は、一滴残らず八位に注いでやってください。んじゃ。」


 六位は、いっぺんシめておかないといけないようですね。
 いや。六位なぞシめたところで、私が疲れるだけなんでしませんが。
 深の間ってところは、人の秘密がゴロゴロ転がっている職場です。そのため、深の間所属の我々には、深の間で知り得た情報を、他人に口外してはならないという決まりがあります。私も、誰のどんな秘密を掴もうと、他人に話すような真似は一切致しません。秘密を持つ本人には、話しますけどね。いや、タバコを買ってもらう程度にしか使いませんよ?
 しかし、六位はどんなネタを掴もうと、ひるむことがありません。あれほど、叩けばホコリの出る男も珍しいですが、全く悪びれていないですからね。タチの悪い男ですよ。

更新日:2014-12-04 11:48:23

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook