官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 1 / 163 ページ

一位は見た

 こんにちは。わたくし、鎧鏡家奥方様候補雨花様専属梓の丸使用人筆頭側仕え第一位……梓の一位でございます。


 わたくしがお仕えしております、奥方候補の雨花様は、大層お可愛らしいお方でございます。
 初めて雨花様とお会いした日に受けた、可愛らしいお方という印象は、今も全く変わりません。
 雨花様は、外見も大層可憐な方でいらっしゃいますが、雨花様のお可愛らしさは、内面からにじみ出ていらっしゃるもののように感じます。

 わたくしが、雨花様に初めてお目にかかったのは、雨花様が奥方候補に選ばれた日でございます。
 その日、わたくしが、一位としての初仕事としてさせていただいたのは、雨花様がご実家からお持ちになった手荷物を、改めさせていただくというものでした。
 外部から、この曲輪内に持ち込まれた物は、細かい物も全て、検閲されなければならないことになっております。それは、奥方候補様や、鎧鏡一族の皆様とて、例外ではございません。意図して危険物を持ち込むのを防ぐだけでなく、意図せず危険物を持ち込んでしまうのを防ぐという意味合いもございましたので、誰が持ち込んだ物であろうと、外部から持ち込まれた物については、全て検閲されることになっておりました。

 受け取った雨花様の手荷物を拝見したところ、小さな手提げ鞄の中には、ケースに入れられたDVDと、梵天の付いた耳かき、そして、『日本では自分でするのが普通です。それが無理なら、若様にお願いしてみなさい。』と、女性がしたためたのではないかと思われる、達筆な文字で書かれた書簡が入っておりました。
 DVDを見ると、パッケージに『耳掻きの遣り方』と、これまた女性らしい達筆な文字が書かれてありました。


「ふっ……。」


 大変失礼なこととは存じましたが、我慢出来ず、吹き出してしまいました。推察するに、ご実家の柴牧家様の奥方様が、このようにご準備なさって、雨花様にお持たせになられたのではないでしょうか。わたくしはこれを見て、雨花様にこれだけを持たせ、こちらに送り出してくださった柴牧家様の奥方様に、大変好感を持ったものです。

 その後、雨花様のご嗜好などをお伺いするため、幾度か、柴牧家様の奥方様……由加里様と、お電話にてお話をさせていただく機会がございました。
 何の話からそうなったのかは、記憶にございませんが。いつだったか、耳かきの話になりまして。小さいうちから、諸外国にて育った雨花様は、いつも耳鼻科にて、耳掃除をしていただいていたのだというお話を伺いました。
 由加里様より、『いつまでたっても、自分で耳掃除出来ない子では困るので、青葉には耳鼻科の受診を勧めないでください』と依頼されましたので、わたくしは黙っていることに致しました。




 
 さて。そのようなことも忘れておりました、先日のこと。
 暖かな午後でございました。
 お珍しく、昼過ぎから梓の丸にお渡りになられた若様から、お茶を持ってくるようにと、雨花様のお部屋の離れである和室から電話が入りました。
 わたくしは、急いでお茶を淹れ、和室に持って参りました。


「お茶をお持ち致しました。」

「静かに入って参れ。」


 小さいお声で、若様がこちらに声を掛けてくださいました。わたくしは、そっと扉を開いて、下げていた頭を上げたところ、部屋の中に、お二人のお姿が見つかりません。
 どちらに行かれたのだろうかと思っておりますと、縁側から、若様がわたくしを呼びました。


「一位。こちらに茶を持て。」

「あ、はい。」


 障子をスラリと引きますと、そこには、あぐらをかいた若様のお膝に頭を乗せて、すやすやと寝入っていらっしゃる、雨花様のお姿がございました。


「……雨花様は、どうなさいましたか?」


 今は、それほどスケジュールが忙しい時期ではないのですが。お疲れでいらっしゃったのだろうかと思いながら、若様のすぐ近くにお茶を置いた時、若様が耳かきを手にしていらっしゃるのが見えました。


「耳かきとは、眠りを誘うようなものであったか?」


 若様は、手にした耳かきで、ご自分のお耳を、掻く素振りをなさいました。


「ご自分でなさるのと、どなたかにしていただくのは、また違うものかと存じます。」

「ほう。」

「若様も、雨花様にしていただいたらいかがでしょう?違いがおわかりになるかと存じます。」

「……そう致そう。」


 穏やかな日差しの中、若様が穏やかに微笑んで、雨花様の御髪を優しく撫でられました。
 そんなお二人を見ておりますと、何故か胸が温かく、泣きたくなって参ります。


「他に御用はございますか?」

「いや、良い。夕餉まで、余も雨花と寝ることに致そう。」

「かしこまりました。」


 わたくしは、静かに扉を閉めました。
 どうぞ、幾久しく……お二人が、穏やかでありますように。
 そう願いながら。



Fin.

更新日:2014-10-08 21:02:26

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook