• 4 / 33 ページ

チャップマン

○あなたはもう忘れたかもしれないが。

モスクワで小説家夫婦のワルシャワ組と別れて我々ストック組は空路ストックホルムへと向かいました。
日大の走れコータローも一緒です。よく考えて見るとあの時ぺテルスブルグの上を飛んだんですね。

ストックについて最初にびっくりしたのはバス代の高さとオープンサンドの高いことでしたね。
アンチョビをちょこっと乗っけただけで700円とは驚きました。

帆船ユースのチャップマンに泊まりましたね。
船倉のベッドは今でもよく憶えています。

更新日:2014-09-04 09:02:54

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遺手紙「あなたはもう忘れたかもしれないが?」