官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 13 / 32 ページ

ユカリ【25歳 事務職】

ユカリは短大を卒業してから地元の商社で事務職をしている。

商社とはいっても全社員で50名ほどの小さな会社だ。

ほとんどが男性で、女性は社長の奥さんと総務の40代の独身のお局の遠藤さん、今年高卒で入って来たチカ、そしてユカリだ。

女性社員スペック

遠藤さん…40代後半? お局 男の噂なし

チカ…18歳 学生気分が抜けきらない 彼氏あり 軽そうに見える

ユカリ…25歳 中学から女子校のお嬢様 黒髪の似合う清楚な感じ 実家暮らし 彼氏なし 処女との噂 飲み会などは参加せず男を寄せ付けない雰囲気


ユカリは実家から電車で会社に通っている。

最近は通勤時間もスマホがあるので時間をもて余す事は少なくなった。

ゲームはしないが携帯小説を読んだりしている。

夢中になると、あっという間に会社に着いてしまう。

会社ではスマホはいつもカバンに入れロッカーにしまってある。

ある日仕事が終わり帰る時にスマホがないのに気が付いた。

電車に忘れたと思い駅で落とし物の確認をしたが届いてなかった。

スマホは携帯会社に連絡し止める手続きを済ませた。

翌日電車に乗ると、よく同じ電車で見掛ける男性が走って近づいてきた。

「おはようございます。昨日スマホ忘れませんでしたか?」

男性は山口と名乗り、昨日前に座ってた男性だとわかった。

「スマホの電電話帳で調べようと思ったけどロックしてて無理だったし、仕事が忙しくてスマホの事忘れてました。不便だったでしょ。」

「ありがとうございます。良かった♪」

ユカリは丁寧にお礼を言いアドレスを交換し出勤した。




更新日:2014-09-06 22:28:40

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook