• 3 / 12 ページ

3

ふたつの時間。3
2014年08月13日(水) 08時00分58秒
テーマ:大まお空想小説




「いい加減に起きなさい…」、

母さんの優しい声で、目が覚めた。



開けられたらカーテン、差し込む

日差しに、ボーッとしている僕に

「はい…」、

母さんが一枚の紙を差し出した。




″仕事がありますので、ご挨拶

もせずに、失礼します。

 楽しい夜でした。

 ありがとうございます。

 金曜日、改めて伺います。″


そう書かれた便せん。



僕の隣に寝ているはずの彼の

姿は無くて僕はキチンと、パジ

ャマを着ていた。


彼らしい…。




クスッと笑った僕の頭を、ぽん!

って叩いた母さんは、

「幸せ?…」、

にっこり笑って聞いた。



「…うん、凄く…///…」、

僕は、大きく頷いた。



更新日:2014-08-16 21:47:42

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook