• 10 / 12 ページ

透明な朝 2

透明な朝 2
2014年08月26日(火) 00時00分00秒
テーマ:大まお空想小説



パタンっ!


カチャンっ!





この数日、この部屋の中に響く音。






今日も又、何かを入れて何かをそこに置く。





「ねえ・・大ちゃん、 」、



「ん?なんだ・・」、



「明日はさ・・」、



「わかってるよ、もう買ってこないから・・」、



「うん、ならいいけど・・」、



そう言ってまた、カチャン!ケースが開く。











明日、この部屋を出るスーツケースが二つ。



先に空へと飛ぶ。




「なんだか、薬だらけ・・」、くすっと笑って

俺の買ってきた可愛い袋をガサガサと揺らす。



「いいんだよ、どれだけあっても・・」、

背中から抱きしめると



「薬よりも、大ちゃんがいい・・・」、

ギュッと握り締めた俺の手をスーツケースの

中に押し込む。



「やっぱり、入らないか~・・」、ケラケラっと

笑ってまた荷物の確認を始めるその背中に、

俺はそっと顔を埋めた。




「直ぐに呼べよ・・」、


「大ちゃん・・・」、


「どんな薬よりも、確実にお前の事治せるから・・」、









「うん・・」、



また、その手を動かし始めた愛する人を、俺はずっと

見つめていた。


更新日:2014-09-01 23:19:25

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook