• 69 / 78 ページ

no title

夏の終わりの旅行から数日。
ほんの少し秋らしくなった風に、黒髪を揺らす。

病院の前でタクシーから降りたテミンは、足早にいつもの場所に向かった。

受付でほんの少し顔を見せればすぐに通される奥の部屋。
椅子に腰掛けて俯き加減で携帯を眺めていると、「お待たせ」と聞き馴染み始めている声が耳に届く。

「旅行、楽しかった?」

「はい」

「海の方行ったんだっけ?僕も久々に休みにドライブでもしてみようかな。」

笑顔でそう言って、担当医は隣に腰を下ろした。

「今日はまずこの前の検査結果が出てたから…」

カルテと手元の資料に目を通し、色々と丁寧に説明してくれるのはいつものこと。
黙ってそれを聞いていると、ふと気さくな笑顔を向けられる。

「悩み事?」

「え…?」

「いつも思い詰めたような顔してるからさ。」

「そう…ですか?」

苦笑するように笑って、「20歳そこそこの子の悩み事は大変だよなぁ」と。

「できるだけ悩みの種が増えないようにしないと。」

そう言い、立ち上がって手に取ったのは点滴用の針。

「疲れてたら眠ってていいよ。」

ベッドに横になるように促され、言われるままに簡易ベッドの上で体を横たえた。

消毒のヒヤッとした感触の後、頼りない白い腕に沈むように刺さった細い銀色。
液体が流れてくる感覚が微かにあって、きつく目を閉じる。

「大丈夫だよ」

優しい声。
それが頭上から降り注いでも、目を開けられずにいると。

温かい手が、そっと手を握ってくれた、

静かに目を開けて。
そして、ゆっくりと睫毛を伏せる。

(ミノヒョン…)

似てる。

気さくで、明るくて。
いつも話を聞いて、優しく微笑んでくれて。

この、大きな手だって。

「…先生」

再び目を開けて、小さく言った。

「来週も、…ちゃんと来ます」

「ん、そうしてくれると助かるかな。」

微笑んで、しっかりと手を握ったまま。

「待ってるよ」

その言葉が、力になるってこと。
この人は、知っているんだろうか。


更新日:2014-09-17 22:45:55

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook