• 2 / 78 ページ

恋人の恋人

幼い頃から愛して止まない人。

それは、格好良くて、優しくて。
全てが愛おしい、大切な人。

「テミン」

そう呼ぶ低くて、でも温かい声が好き。
いつだって大好きな声で名前を呼んで、優しく頭を撫でてくれる。

好きになったのはいつからだろう。
最初から好きだったのかもしれないし、一緒にいるうちに自然と好きになったのかもしれない。

家族愛とか、兄弟愛とか、そういうのもあるけれど。
一緒にいるとドキドキして、胸が苦しくなって、空気が上手く吸えなくなって。

きっと、こういうのを恋って言うんだ。

そう理解したのは、もうかなり昔のこと。

でもそれは、秘密の恋で。
男同士だからとか、そんな理由じゃない。

だって大好きなミノには、とっても素敵な彼女がいるから。


ミノより2つ下。
テミンと同じ年で、ミノとは幼馴染み。

そんなソナとミノが付き合い始めたのは、デビューからあと少しで2年という頃だった。

『テミンに紹介したい人がいるんだ。』

その頃はもうミノが好きで仕方がなかったテミンは、そのひと言ですぐに勘付いた。

彼女ができたんだ、と。

ミノの隣に相応しくない人だったら、何がなんでも反対しようと思っていたのに。

目の前に現れたのは、控えめで大人しくてきちんとした、箱入り娘のような女の子。
外見だって申し分なくて、非の打ちどころのないその子を見たら、悲しみも悔しさも消えてなくなってしまった。

この子なら、きっと自分よりもミノを幸せにできる。

だから素直に祝福したし、むしろこの子以外にミノを渡したくなくて。
2人の仲を取り持つのが、テミンの役目。

ソナは、本当に完璧だった。
理想の女の子。

だから、自分の恋を実らせたいなんて夢は、簡単に諦められた。

ミノが幸せになれるなら、それでいい。
自分は、ちょっと困った時に側で支えてくれる、頼りになる弟くらいになれたら。

そう思って、もう4年が経つ。


更新日:2014-07-09 01:37:03

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook