• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 2 / 346 ページ


 お風呂から上がってくると、大ちゃんが何やら計算をしてる。

 後ろからそ~っと、覗き込むと、いきなり、振り返って


 ”ちゅ ”っと、キスされた。




 「ええ??」、驚いていると、



 「映ってる・・」、そう言って、大ちゃんの目の前のPCを

指さした。



 あ・・・、画面にくっきり僕が映ってました。




 「なあ・・まお、」、又、ちゅっとキスをしながら


 「明日、出かける?」、大ちゃんはニッコリ聞いてくる。



 「ん?・・特に決めてないけど何?・・」、僕がキョトンと

大ちゃんを見つめると



 「ううん、出ないならいいんだけどさ、ちょっと振込みを

頼もうかと思ったんだ。」、そう言って、用紙をちらっと見た。




 「いいよ~、コンビニ?どこ?」、僕は大ちゃんの肩に顔を乗せ

その用紙を見る。



 「たぶん、郵便局の方が手数料安いかな・・」、真剣なその顔に

僕はちょと笑ってしまった。




 「なんだよ・・」、ムッとした大ちゃんは僕を抱き寄せて

強引にキスをしてきた。



 「ん・・ん、ごめん・・大ちゃんって、キチンと主夫だな~

って、思ったんだよ・・」、チラリと見上げて言うと



 「それは、ケチって意味か?」、又してもご機嫌の悪い声。



 「違うよ、節約家!・・しっかり者って意味~!」、

僕はそう言って、なんとかその腕から逃げ出した。



 「なんだよ、それ・・」、拗ねた大ちゃんはPCに向き直る。



 「いいよ~、僕、振込み行ってくる。なんか、大ちゃんの

振り込みを僕が出来るのって、嬉しいもん。」、



 そう言って、大ちゃんの首に抱きつくと



 「ば・・ばか・・」、大ちゃんがなんだか真っ赤になって照れて

いる。



 そのまま、なんだか誤魔化して大ちゃんはPCの家計簿に集中

している振りだけど、頼んだ大ちゃんも、喜んでいるのが分かった。




 何だろう、この気持ち。



 不思議だね。


 ふたりってさ。




 明日は、大ちゃんの代わりに振り込みに行けるんだよ。


 ふふふ。






 

更新日:2014-03-26 13:51:15