• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 5 ページ

no title

「あっ、みつるぎ検事!」

 道の向こうから女の子が手を振る。
 風変わりな格好の少女は赤いスーツの男に駆け寄ると、風呂敷からカラフルな包みを取り出した。

「よかったー今日会えて。はいチョコ、あたしとはみちゃんからです!」

 今日はバレンタインデーだ。女性から男性にチョコレートを渡して愛の告白をする日……と言うよりは、季節の行事としてとらえている者の方が多いだろう。
 彼女、綾里真宵が渡したのも単なる義理チョコだと思われた。いやラッピングこそ可愛らしいが、いびつなオニギリのようなソレは、「単なる」と片付けるには異彩を放っていた。
 御剣が礼を言って持っていた紙袋に入れようとすると、

「うひゃーモテますねえ、みつるぎ検事」

 真宵がのぞき込んで声を上げる。
そこには華やかな包みがひしめいていた。

「仕事先でもらったものだ。すべて義理だよ」

 眉を寄せて笑う御剣に、真宵は異議を唱える。

「わかってないなー。タダの義理なら、こーんな高そうなチョコあげたりしませんよ!」

 包みを指差し、「コレひとつぶ三百円とかするやつですよ!」と息巻く。

「そういえば、これはずいぶんと世話になっている人からもらったものだな。キチンとお返しを考えなくては」

 その異議をよく理解していないようで、彼の恋人は大変だろうな、と真宵はその友人の顔を思い浮かべる。

「でも、そんなにもらってヤキモチ焼かれませんか?」

 御剣も恋人の顔を思い浮かべ、眉間のヒビを深める。

「いっそ、焼いてもらいたいのだがな」
「?」
「……いや、アメリカでバレンタインデーは男性から女性に贈り物をする日なのだよ」
「なあんだ。それで冥さんにイッショに作ろうって言ってもダメだったんだ」

 紙袋からはみ出した物体に目をやる。

「もしかしてコレは手作り、なのだろうか」
「はい。トクベツなものを入れてあるんですよ!」
「トクベツ?」

 真宵は意味ありげに笑った。

「ソレは食べるまでのお楽しみです。ちなみに、なるほどくんにビーフンを入れたら声を上げてよろこんでたんですよ」

(……………よろこんでいたのか、ソレは?)

 御剣にわずかな不安が湧き出る。

「それじゃ、他に行くところがあるので」

 そう言って背を向けた彼女の風呂敷には、丸いモノがひしめいているようだった。
 チョコと言う名のびっくり箱が、たくさん配られるのだろう。

「あ」

 くるりと振り返り、真宵は、

「食べるときに気をつけて下さいね」

 最後に不安を煽ることを口にして去っていき、御剣はフクザツな面持ちで丸い物体を眺めるのだった。

更新日:2014-02-08 16:19:51